2014年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2009.08.01 (Sat)

「ヤギによる除草、まちづくりをすすめよう」その②

前回の「ヤギによる除草、まちづくりをすすめよう」に続く、その②のヤギ情報です。あらためて、
ヤギによるまちづくりをすすめてみませんか。ヤギの考えられる活躍の場を挙げてみると、
「山羊の食性を利用し除草活動」
「山羊糞を堆肥として利用した畑での野菜作り」
「山羊による耕作放棄地の保全、農地等の鳥獣対策。森林の伐採跡保全」
「山羊を介して行う、地域の高齢者や児童等との環境教育・セラピー等を目的とした交流」
「山羊の乳製品等の開発や観光等による地域の活性化」等など。

□地域活性化・まちづくりの「コミュニテイ・インフォメーションTOPIX Ⅱ」
【大学の活動、鳥取環境大学】
■鳥取環境大学 
鳥取県の鳥取環境大学では、開学したばかりの2001年5月に部活として「ヤギ部」が発足。
「山羊を飼うことや利用することを通じて、様々な環境問題を解決・改善する方法を見出し実践すること」を大きな目的として様々な活動に取り組んでいる。今年は、積極的に地域住民や自治体などからヤギによる除草の依頼を受けている。
□鳥取環境大学「ヤギ部」HP
http://shiroyagi.client.jp/top.html
□「地域に貢献、鳥取環境大学「ヤギ部」、新たに2匹が仲間入り」 2009年04月22日
http://www.nnn.co.jp/news/090422/20090422050.html
□「田園風景に草食むヤギ、「癒やしの里」づくりへ」2008年09月12日
休耕田の除草や福祉施設でのアニマルセラピーにも貢献する鳥取環境大学ヤギ部の活躍を知り、「癒やしの里づくりに役立つ」と大学に協力を要請。環境大の小林朋道教授は「土地も広くてえさも豊富、病院や福祉施設の窓からヤギの姿が見えるなど、飼育環境はベスト。ヤギもリラックスして人間と触れ合える」と、ヤギを活用した地域環境づくりを応援している。
http://www.nnn.co.jp/news/080912/20080912004.html

koreshin+yagi_kankyo_convert_20090801080606.jpg(写真は、鳥取環境大学の「ヤギこ」)

【なんと、ヤギによる除草システムが特許申請中】
■映像で見れます。テレビ東京・ワールドビジネスサテライト「トレたま取材報告」。
ヤギを利用した除草システム。ワイヤでヤギの動きを管理し塩や水などを設置。
http://www.tv-tokyo.co.jp/wbs/toretama/070705.html
□(有)アルファーグリーンの「ヤギによる舌刈管理システム」
http://www.a-green.org/yagi.html

【アメリカでのヤギのレンタルビジネス】
■「除草用ヤギ」貸出しビジネスが米国で増加 2008年11月28日
米国各地の都市や工業地帯では現在、この驚異的な生物マシンを利用して、化学物質や芝刈り機を
使わずに不要な植物を取り除いている。広い土地の所有者向けに、地所に生えた植物を減らせるようにヤギを貸し出すサービスが多数存在する。
http://wiredvision.jp/news/200811/2008112821.html

【耕作放棄田の除草がきっかけで、本格的ヤギの観光牧場構想】 (2009年7月24日富山新聞社より)
■「立山を日本のスイスに ヤギ牧場を本格整備。あるぺん村が構想」
立山町の立山黒部アルペンルートの玄関口に、本格的なヤギの観光牧場が整備されることになった。
現在はヤギを飼育、展示しているだけだが、搾乳体験のほか、来年5月にもヤギの乳を使った乳製品の販売を始める。スイスの児童文学「ハイジ」をイメージした新たな山岳観光拠点を整備し、立山を日本のスイスとして売り込む。観光牧場は「ふれあい山羊(やぎ)牧場」の名称で、立山町東中野新でドライブイン「立山あるぺん村」を経営する「あるぺん村」(立山町)が運営する。
同社が2年前、ドライブイン近くの耕作放棄田の除草のため、ヤギの飼育を始めたところ、多い日には高齢者やカップル、家族連れなど1千人以上が訪れる人気スポットになった。このため、大辻進社長が、人なつっこいヤギの癒やし効果や、ヤギの乳が母乳の成分に近いとされることに着目し、牧場とドライブイン一帯を一つの「村」として整備する構想を打ち出した。
http://www.toyama.hokkoku.co.jp/subpage/T20090724201.htm

【まちづくりのアイディア募集、長崎県島原振興局のヤギ除草活動】
■「夢とアイディアがまちを変える」-第7回まちづくりに関する提案募集
(建設コンサルタンツ協会九州支部主催)
第7回まちづくりに関する提案募集が始まりました。この中にも紹介されている、昨年第6回最優秀賞作品「ヤギ・羊ECO大作戦から見えてきたもの」受賞者の井出氏は長崎県島原振興局の方で、「雑草に覆われている、管理する人がいなくなった私有地や、維持・管理費不足の行政が管理する公有地、公園等にヤギやヒツジを放すと、除草ができ、それを目当てに地域住民が集まりだし、街の変化のきっかけにもなった。これからは「ヒツジが街を変える?」かもしれない。廃虚・空き地を有する住民とヒツジの全国ネットワークは出来ないものか」と言われています。
http://www.jcca.or.jp/kyokai/kyushu/dream.html
■上記、夢アイディア募集の実現中。長崎県島原振興局「羊による除草実験本格始動」
長崎県島原振興局では、公園や公有地の除草にヤギ・羊ECO大作戦を行っている。
http://www.doboku.pref.nagasaki.jp/~kouwan/simabara_ecoproject3_20081023.htm
□ヒツジとヤギで除草実験、長崎県島原振興局と島原農業高校が取り組む
http://www.shimabara.jp/news/2007/07/blog-post_5924.html

【ヤギについて詳しく知りたい人へ】
■「畜産ZOO艦」 ヤギが食べてはいけないものや詳しいヤギの育て方が載ってます。 
http://zookan.lin.go.jp/kototen/yagi/index.htm
■「全国山羊ネットワーク」
http://www.japangoat.net/
※「第12回全国山羊サミット」は2009年8月29日30日、新潟県で開催されます。
http://www.japangoat.net/info/summit200908_niigata.pdf
■「ヤギ」 出展: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A4%E3%82%AE


(マコ)

FC2 Management
08:00  |  市町村の試み  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://doko3.blog19.fc2.com/tb.php/71-90ad7013

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |