FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宮古島でサキシマハブが発見!

2013.04.24 13:31|社会news
----------------------
「まさか、宮古島にハブがいた?」-。

これまでハブが生息しないとされていた宮古島でサキシマハブが発見、捕獲されたとのニュースが発表された23日、島内の関係者には「前代未聞」「すみ着いていたら大変」との驚きや戸惑いの声が広がった。

元県公害衛生研究所長でハブに詳しい吉田朝啓さん(81)は・・・
サキシマハブが宮古島で見つかったことについて
「もともと生息していたとは考えられない。
農産物や建築資材に紛れたり、ペットやハブ酒の材料として持ち込まれたりしたのではないか」と推測する。

沖縄タイムス(2013.4.23)より
----------------------

ココに注目!
沖縄県には、22種類のヘビが住んでいて、そのうち毒ヘビは8種類。
さらにその中で危険なのは、ハブ、ヒメハブ、サキシマハブ、タイワンハブの4種類だそうです。
県内には、宮古島や久高島のように昔からハブのいない島と、ハブが生息している島があり、
今回、宮古島でハブが発見されたということは大変な驚きです。

元々そこに生息していない動物や植物が繁殖することは、生態系のみならず、人間や、農林水産業まで、幅広くにわたって悪影響を及ぼす場合があります。

カミツキガメやアメリカザリガニ、アライグマ、セイタカアワダチソウなどの外来種の名前をご存知の方も多いと思います。
これらの外来種の被害予防三原則は、●入れない! ●捨てない! ●拡げない! です。

今回、宮古島で発見されたハブも、早急に「拡げない!」対策を講じ、繁殖を阻止できることを願っています。


関連リンク
◆沖縄タイムス(2013.4.23)
http://article.okinawatimes.co.jp/article/2013-04-24_48448
◆沖縄県発行資料 「ハブに注意!」
http://www.pref.okinawa.jp/site/fukushi/yakumu/yakumu/documents/habu-panfu.pdf
◆環境省 「外来生物法」
http://www.env.go.jp/nature/intro/

(よしお)
スポンサーサイト

テーマ:九州(福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島)・沖縄地方の各県の路線案内
ジャンル:地域情報

コメント

非公開コメント

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

doko3

Author:doko3
福岡の情報サイト「ふくおかサポートねっと」の編集部です。九州・沖縄の注目ニュースを中心に発信します。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。