FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【節薬バッグ】で、薬代を安く

2013.04.07 14:11|社会news
----------------------
福岡市薬剤師会(同市中央区)が、
飲み忘れなどにより家庭で余った薬を薬局利用時に持参してもらい、
処方量の調整に生かす「節薬バッグ運動」に取り組んでいる。
同会は九州大と共同研究。利用者約250人についてスタートから2カ月半を分析したところ、
残薬の8割を活用したことで総額約70万円分の薬代を削減できたことが分かった。
同会は全国で取り組めば年間3200億円を削減が見込めると推計、
医療費の抑制策として注目される。

国民医療費37兆円のうち、薬局の調剤関連は6兆円(2010年度)
(毎日jpより)
----------------------

ココに注目!
節約ならぬ【節薬】とは、なかなかイイ造語だと思いました。

飲まずに棚にしまったままにしている薬は、意外と多いのでは。
「今晩、痛くなった時のために、痛み止めを出しておきましょうね~」と薬をもらったものの、
飲まずじまいの痛み止めなど、捨てきれずに置いたまま。ということってありますよね。

回収された薬の8割が有効活用できたとは、驚きです。
さらに、“薬の出し過ぎ”に歯止めがかかり、自身の薬代の負担軽減につながると、一石二鳥ですね。

さあ、いつも行っている薬局の窓口で「節薬バッグ、ありますか?」と尋ねてみましょう
この運動を、福岡市から全国に広げるためには、その一言が必要です。


関連リンク
◆毎日新聞(2013.4.2)
 http://mainichi.jp/area/news/20130402sog00m040010000c.html
◆薬事日報
 http://www.yakuji.co.jp/entry29225.html

●福岡市薬剤師会
 http://www.fpa.gr.jp/index.php?p=&d=info&c=&type=article&art_id=1394
 http://www.fpa.gr.jp/index.php?p=&d=info&c=&type=article&art_id=1674

(よしお)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

doko3

Author:doko3
福岡の情報サイト「ふくおかサポートねっと」の編集部です。九州・沖縄の注目ニュースを中心に発信します。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。