FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

阪神・淡路大震災から18年。

2013.01.17 19:37|大学の役割
1月17日午前5時46分、死者6434人を出した都市直下型の阪神・淡路大震災から18年を迎え、今日は、各地で追悼行事が行われています、合掌。 阪神・淡路大震災は、壊滅的な被害をもたらしたが、地域の「地域力」で、まちは驚くべき速さで復旧したと聞いています。しかし、今も、復興公営住宅の再契約や高齢化の問題、復旧や瓦礫処理時のアスベスト問題、それに精神的ケア等、まだまだ解決すべき課題は多いことと思います。また、震災後に転入したり出生した人は、現在神戸市では41%(昨年11月時点)を占めており、震災の体験をいかに語り継いでいくかも大きな課題となっているようです。

日本列島は「阪神・淡路大震災」から地震活動期に入ったとも言われています。続いて起こった、死者・行方不明者が約1万9000人に達した東日本大震災は、この地震列島の上に「人間のいのち」と引き換えに「原発」を置いておくのか、と国民に問うています。次の南海トラフ地震は、今世紀前半に発生する可能性が高いと懸念されているし、東京の首都直下地震の切迫性も叫ばれ、今後10年程度が日本の地震・防災の正念場といえましょう。国、自治体と私たち国民が一体となって、生命の重みと地震・防災に取り組む決意と覚悟を新たにしたいと思います。

090908正月どこどこ_1623~01070914与世山さんのトランペット_2140~01

■阪神・淡路大震災で倒壊した大学や地域の復興・再生へ。
学生たちの涙と絆の実話を元にした、震災復興支援ミュージカル「あの空をこえて」、2013年3月7日上演。

『1995年1月17日、阪神・淡路大震災で、兵庫県西宮市の大手前大学の本館は倒壊しました。そんな失意の中で立ち上がった約50名の学生たちは「復興祭」を企画し、地域を巻き込んでのイベントを開催。大学や地域の復興・再生に向けて、熱い思いで「復興祭」を成功に導いた学生たちの涙と絆の実話を元にしたオリジナル作品です。出演は、初演同様すべて、大手前大学の学生です』(大手前大学HPより)
昨年、2012年1月17日、東北大震災の復興支援への思いを込めて、初めて上演された、ミュージカル「あの空をこえて」、私も、昨年神戸に見に行きました。舞台は初めての大手前大学の学生たちが一年かけて授業で学び、素晴らしい舞台を見せてくれました。感動しました。今年は、新しいメンバー、学年が語り継いでくれています。みんなに見て欲しい、私も語り継ぎたい、そんな気持ちからご紹介します。再演おめでとう、私は、今年も行きます。
⇒大手前大学、震災復興支援ミュージカル「あの空をこえて」 特設サイト。
【上演日】2013年3月7日(木)【開演時間】14:00【会場】兵庫県西宮市民会館アミティホール
【入場無料】上記特設サイトにある、入場整理券をプリントアウトのうえ当日お持ちください。(来場多数により入場できない場合もあります。ご了承ください)

山鹿の灯 螻ア鮖ソ縺ョ轣ッSN3R00160001_convert_20110523175901

■大学を地域再生への中核に。文部科学省、COC(Center of Community)事業
文部科学省は、昨年9月7日に平成25年度概算要求を提出しました。地域を指向した教育・研究・社会貢献を進め、地域再生・活性化の核となる大学等(短大・高専を含む)を支援する事業として「大学COC(Center of Community)事業」に、42億円の概算要求を提出しています。
・「地(知)の拠点整備事業(大学COC(Center of Community)事業)」【新規】(42億円)
大学が自治体と連携し、地域の課題解決にあたる全学的な取組のうち特に優れたものを支援。
【テーマ】
①地域人材の育成・雇用機会の創出 ②地域活性化・地域支援の取組 ③産学連携・地場産業の振興
【支援概要】地域再生・活性化の核となる大学を最大5年間支援する。
・総力型(都道府県・政令市等)75.000千円×15拠点
・総力型(市町村)50.000千円×30拠点
・地域ハブ型(都道府県・政令市等)100.000千円×15拠点
⇒文部科学省高等教育局主計事項-平成25年度概算要求ーー
「地(知)の拠点整備事業(大学COC事業)」は26ページ目にあります。
【参考】 (地域力「どこどこ」2012/06/18)昨年の大学改革プラン発表時のブログ
⇒「大学を地域再生への中核に。文部科学省、大学の地域貢献に財政支援」

地域の課題、「防災」や「環境」「エネルギー」「介護・福祉」「子育て」「観光」等々地域の課題解決に向かって、大学が、行政と同格の地域再生の中核として、踏み出すことに期待します。震災や原発事故などの災害による影響や改善策についての調査研究も、特に大学に取り組んで欲しいことです。そのような地域運営、市政運営の仕組みづくりを、是非、地方自治体にも望むものです。

(マコ)

●「地域力」とは、そもそも阪神・淡路大震災の発生に際し、災害に強い地域を形成する上での原動力として、神戸市在住のまちづくりプランナー宮西悠司氏により提唱された概念である。阪神・淡路大震災時に、行政による救助活動に限界があることが明らかになり、ほとんどの救助活動が地域住民の手で行われて以来、被災地では、災害や地域の問題に対して、行政のみならず、市民をはじめとした地域の力が必要であるという意識が行政、市民双方に生まれることとなったのである。近年、現代社会の情勢の変化や市民ニーズの多様化により、防災のみならず防犯や福祉、教育など多様な分野で、行政単独では地域の問題解決は不可能であるという認識が生まれ、「地域力」は、「市民が居住地で抱える生活問題に対して、行政と共同で解決していく力」を意味するものとして使われるようになってきた。(ウィキペディアより抜粋)
私のブログ名の「地域力どこどこ」の「地域力」は、この神戸の地域力(地域りょく)からヒントを得たものであるが、街づくり・地域活性化への住民のがんばり、という意味で、地域力(地域ヂカラ)と呼ばせてもらっています。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

doko3

Author:doko3
福岡の情報サイト「ふくおかサポートねっと」の編集部です。九州・沖縄の注目ニュースを中心に発信します。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。