FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自民党政権での「地方分権改革」はどうなる。

2013.01.11 18:42|国の動き
■新政権下、「地方分権」はどうなるのでしょうか。
「国民が等しく、ゆとりと豊かさを実感できる社会を実現するため、中央集権的行政のあり方を問い直し、地方分権のより一層の推進をする」という、「地方分権の推進に関する決議」を衆参国会が決議したのは、今から20年前の1993年のことです。地方分権改革は、「住民に身近な基礎自治体(市町村)に権限を集約し、市町村でできないものは広域自治体(都道府県)、さらに都道府県でできないものは国が担う」、という考え方に基づいています。そして、国と地方自治体の関係は、「上下・主従」から「対等・協力」に、また地方自治体を国の下請け機関とみなした機関委任事務を全廃する、とした地方分権一括法も2000年に施行されました。

071208うたき_1434~02001新 空の旗・SN3R05090001_convert_20111209194221

今回の自民党による新政権は、民主党政権がやってきたことを、ことごとく「見直します」(つまり、やらないという事)と言ってることが目立ちます。政権交代は必然的に政策転換を伴うもの、だと割り切っても、なかには継続して欲しい政策もあります。私たちの住むまちの地域活性化、まちづくりに直結する「地方分権」についても、自民党政権は「まずは国民の声、地域の声をうかがいたい」と言ったのは、昨年の年末。年明けて、来年度の予算編成段階に、早くも、これほどまでに、前政権からの政策の各論の「廃止、反対」が続くと、問答無用の感がします。いつ、地方自治体や国民の声を聴いたのでしょうか。地方自治体への一括交付金も、「使い勝手が悪いので廃止」と言っているが、誰が使う時、どんな勝手が悪いのでしょうか。このままだと、20年前の分権決議以降、地方自治体の政策裁量権拡大への歩みは、いったん元に戻る可能性がある。しかし、これらも、自民党から言えば、衆議院選挙公約に明記していて、国民が選挙で選択したということになるのでしょう。今日は、「地方分権」に関する最近の政治の動きを見てみましょう。
■道州制導入。国の出先機関の地方移管は断固反対。一括交付金廃止、旧来の「ひも付き補助金」復活。
今日のニュースでは「自民党の総額20兆円規模の緊急経済対策や、平成24年度予算編成に向けて、自民党の議員は公共事業の上積みを求め、党本部には、業界や地方自治体の陳情団が列をなし沸きに沸いている」と伝えています。昔はやった、お上への陳情としがらみの政治を思い出します。
□「地方自治体が使い道を自由に選べる一括交付金」は廃止。旧来の「ひも付き補助金」復活へ
政府は8日、地方自治体向けの「ひも付き補助金」を改善するため民主党政権が目玉政策として創設した、地域自主戦略交付金(一括交付金)を、「使い勝手が悪い」との一言で、2013年度予算から廃止する方針を決めた。かわりに、自民党政権が3年前までやってきた、各省庁毎に、自治体の要望や事業計画の提出を受けて、補助金を配分する旧来の方式を復活させることとした。地方への交付金は、各省庁に戻ることになり、業界団体や地方自治体からの陳情も、党本部に加え、各省庁でも受けるよう徹底した、との報道です。「一括交付金の廃止」は、自民党の衆議院選挙公約にも明記していた。
□「国の出先機関の地方移管」には反対、白紙に。
民主党政権が閣議決定はしたが、未だ実現できていない国の出先機関の地方移管。自民党は、「反対として事実上の白紙に戻す」考えを示した。国の出先期間の移管は、知事会は、おおむね賛成の意向だが、事務権限の移譲を伴うため、中央省庁はもとより市町村は反対している。新藤総務相は、「国の出先機関の地方移管は党の考えを踏まえる。道州制の制度設計とも絡む。民主党の閣議決定は踏襲しない。戦略交付金は地域の声を聞き、党の方針を踏まえ対応する」と、コメント。自民党は、衆議院選挙公約には「断固反対、廃止」を明記していた。
□『都道府県を再編する「道州制』を、5年以内に導入。
前回の安倍内閣の時に道州制ビジョンを掲げたが、民主党政権になって立ち消えとなった「道州制」。今回の安倍内閣は「再挑戦」となる。自民党政権は、「道州制基本法案」を、この通常国会に提出し早期制定し、その後5年以内に道州制を導入する、と政権公約に明記し、自公連立の合意文書でも確認している。自民党の「道州制基本法」の骨子案によると、『都道府県をなくして道州に再編(全国を9、11、13等の道州にする案等)し、従来の市町村業務と都道府県からの承継事務は「基礎自治体」が処理する』としいてる。識者のなかには、「市町村」ではなく「基礎自治体」が処理する、とあるのは、さらなる市町村大合併の可能性も含まれている構想であり、住民にとっては、地方自治体が、さらなる遠い存在となる恐れがあり、果たして分権改革といえるか、という議論もある。道州制推進の知事や指定都市市長は賛成だが、全国町村会は、地方分権の名を借りた新たな集権体制として反対している。

新カモメ 譛画・繝輔ぉ繝ェ繝シ縺九b繧√・譎ョ雉「蟯ウ竭。SN3R0084_convert_20110524210231

■国と地方自治体は、「上下・主従」、しがらみの政治に戻るのでしょうか。
自民党は、とりわけ市町村の自治体と地方公務員になかなか厳しいですね。自民党は、道州制の導入時期を見据えて、都道府県の業務の多くを市町村に移譲するために、地方自治体の地方公務員の人件費カットや能力・実績主義を導入し、行財政の徹底的な効率化と基盤強化を求めていく、としています。自民党は、地方自治体を信用していないのでしょうか。古い体質の、主体性のない、専門性もない地方自治体も多くあるから、ある意味正論なのかもしれません。しかし、そうなると国と地方自治体の関係は、旧来の「上下・主従」、陳情やしがらみの効く政治に戻ってしまう感もあります。

これから、地方財政の悪化・税収減少の地方自治体にとつては、職員の増員もかなわず、国や県から移行される業務の負担増のなか、果たして、地域の住民からの様々な要請への対応や、共に協働して、まちづくり・地域活性化に取り組むことが、質的にも量的にできるのだろうか、という住民の不安の声もあります。国に振り回される地方自治体、とりわけ市町村はたまったものではないでしょうが、私たち住民には、身近な地方自治体である市町村が唯一の頼りです。地方自治体の首長が先頭に立って、首長以下職員総出で住民と向き合って、将来のまちづくりを共につくっていってる元気な自治体も有ります。住民から言えば、そんな公正で公平な、リーダーシップのある首長を選挙で選ぶことが、あきらめない地方分権改革への道だと思っています。

(マコ)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

doko3

Author:doko3
福岡の情報サイト「ふくおかサポートねっと」の編集部です。九州・沖縄の注目ニュースを中心に発信します。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。