FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地域活性化、まちづくりのための「地域力づくり」

2012.09.23 16:58|国の動き
地域活性化、まちづくりのための「地域力づくり」。これからの『地域力(ヂカラ)「どこどこ」』

■今の日本は、まちづくりどころか、東北では、故郷に戻れない方がいらっしゃいます。
あの神戸大震災では、地域住民の「地域力」により、まちは復興しました。東北も、原発さえなかったら、と思います。東北大震災から18ヶ月、何ひとつ進まない復興。国は、原発事故の沈静化が未だに出来ない恐怖のなか、原発事故の原因究明や対策も待たず、また国民への信頼できる情報提供も行わず、原発ゼロ社会を目指すことは先送りして、再稼働すると言う。不信感。結果、人の支え合いを失わせるコミュニティ崩壊、不安で閉塞感に満ちた社会。そして、円高に経済雇用問題、貧困格差、何も解決できない。公務員改革、天下り問題、歳出見直し等は遅々として進まない。東北大震災の被災地の皆さんの痛みを国民全体で分かち合う絆を、と言いながら、復興増税の復興特別所得税は2013年から、復興臨時住民税は2014年から増税し、消費税値上げを2014年から実施。このような増税と並行して社会保障に支払う保険料も増額される。また年金生活者や高齢者福祉への圧迫が押し寄せてくる。こんなことだけは、命にかけてやり遂げたいとおっしゃる。信用できない国や自治体。そして悲しいことに、国民を信頼できない国。なぜこんな世の中になってしまったの。これから、夢の持てる国づくり、まちづくりに向けて、国民と共に何をやろうとするのか。

沖縄はにわ922 €SN3R0903_convert_20120923164922沖縄東西南北922 €SN3R0924_convert_20120923165031

■これからの、『地域力(ヂカラ)「どこどこ」』
このところ、この地域力(ヂカラ)「どこどこ」に載せる、地域活性化、まちづくりの情報がほとんど無く、更新ができずに居ます。2011年原発事故以来、政府の政策や各省庁の施策は、通り一編の予算消化だけ、美辞麗句の言葉だけと何の新鮮さも無い発表だけです。東北大震災の復旧、復興が何も出来ない政権も、地域主権に向かうはずである地方自治体も、国づくり、地域づくりが出来ずに滞っています。2011年は、東北大震災、原発事故、経済不安定をきっかけに世の中が混迷した、というより、世の中や国民が混迷させられた年でした。原発事故以来、2012年は、人の正義というか、真っ直ぐな良識が通じる世の中であって欲しい、と思っていましたが、もう残りわずかの2012年。 国も地域も、権力や影響力を持つと言われている方々も、行政も議員も、私たち国民も、ガンジーの言う「7つの社会的罪」の言葉を、自戒の言葉として我に帰り、信頼で結ばれた、国づくり、まちづくりに再度、動きたいものです。国、自治体、国民が一体となって、日本づくり、地域づくりに進む「次」の日が、一刻も早く、来ますように。そんな元気な姿を、早く『地域力(ヂカラ)「どこどこ」』で紹介していきたいと思います。

■「政権交代とまちづくり」(2009/09/12、地域力「どごどこ」)
2009年9月衆議院選挙が行われ、政権が交代しました。その時、この地域力「どこどこ」で、「政権交代とまちづくり」のタイトルで、新政権が、地方分権時代に向かって行おうとしている、地域活性化・まちづくりについて期待し、地方自治体と私たち住民の覚悟を取り上げました。3年前の話です。
⇒「政権交代とまちづくり」 (2009/09/12、地域力「どごどこ」)

沖縄ぬちマース6 €SN3R0916_convert_20120923165126沖縄ぬちマース3 €SN3R0910_convert_20120923165231

■言葉をおくります

◇「理念なき政治」、「道徳なき商業」、「人間性なき科学」。7つの社会的罪の言葉をおくります。
2011年の原発事故は、政治を始め、権威ある人々が引き起こしてしまった「社会的罪」であることを、国民に露呈した年でした。政治家、官僚、電力会社、学者、マスコミ等の権威ある方々が、この一年、私たちに伝え、教えてくれたことは、「何も信用できない」って事。私たちの心に残ったのは、「権威ある人間の大義や、言ってることは信用できない、信頼できない」って言う、哀しい言葉。「人間不信、騙されないようにしよう」だけ。そうした人たちに、インド独立の父、マハトマ・ガンジーの墓碑に刻まれた「7つの社会的罪」の言葉をおくります。
『原発に関わる人々は、「理念なき政治」、「道徳なき商業」、「人間性なき科学」等の、7つの社会的罪の言葉の意味をかみしめていただきたい』
(小出裕章氏(京都大学原子炉実験所助教)の2011年5月参議院行政監視委員会での参考人発言より)
小出裕章氏は、「原発事故と行政監視の在り方」の発言の結びの言葉として、ガンジーの墓碑に刻まれている、「7つの社会的罪」から引用されました。その言葉は『・・・最後になりますが、ガンジーが七つの社会的罪ということを言っていて、彼のお墓にこれが碑文で残っているのだそうです。一番初めは、理念なき政治です。この場にお集まりの方々は政治に携わっている方ですので、十分にこの言葉をかみしめていただきたいと思います。労働なき富、良心なき快楽、人格なき知識、道徳なき商業と、これは多分、東京電力を始めとする電力会社に私は当てはまると思います。そして、人間性なき科学と、これは私も含めたいわゆるアカデミズムの世界が、これまで原子力に丸ごと加担してきたということを私はこれで問いたいと思います。・・・』
【7つの社会的罪(Seven Social Sins)】
 理念なき政治(原則)(Politics Without Principles)
○ 道徳なき商業    (Commerce without Morality)
○ 労働なき富     (Wealth without Work)
○ 人格なき学識(知識)(Knowledge without Character)
○ 人間性なき科学   (Science without Humanity)
○ 良心なき快楽    (Pleasure without Conscience)
○ 献身なき信仰(崇拝)(Worship without Sacrifice)

◇「売ったらあかん」の言葉をおくります。
随筆家の岡部伊都子さんは、人間には売ってはいけないものがある、「こころ、自然、自分自身」を売ってはいけないと、呼びかけておられます。
【売ったらあかん】  
友達を 売ったらあかん、子どもらを 売ったらあかん
まごころを 売ったらあかん、 本心を 売ったらあかん
情愛を 売ったらあかん、 信仰を 売ったらあかん
教育を 売ったらあかん、 学問を 売ったらあかん
秘密を 売ったらあかん、 こころざしを 売ったらあかん
大自然を 売ったらあかん、 いのちを 売ったらあかん
自分を 売ったらあかん、 自分を 売ったらあかん

(マコ)

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

doko3

Author:doko3
福岡の情報サイト「ふくおかサポートねっと」の編集部です。九州・沖縄の注目ニュースを中心に発信します。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。