FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地域のまちづくり・地域活性化へ、民と官による支援

2011.04.15 17:40|地域news
年度末、年度始めの時期に、東日本大震災の影響で発表が遅れていた、地域のまちづくりや地域活性化を支援する事業の採択結果や新年度の新たな募集情報が発表されています。今日は、その中から、主に地域活性化、まちづくりへの民間による支援として日本ユネスコ協会、トヨタ財団の支援情報と、官による支援として、観光庁、国土交通省の支援情報を掲載します。
■日本ユネスコ協会「第3回プロジェクト未来遺産」の受付。2011年1月27日受付開始~6月30日締めきり
日本ユネスコ協会連盟は、未来遺産運動の活動の一環として、未来に伝えたい地域の文化・自然遺産を守る市民の活動を「プロジェクト未来遺産」として登録、それを推進する人々と地域を日本全体で応援する仕組みをつくろうと「第3回プロジェクト未来遺産」の受付を開始しました。プロジェクト未来遺産は、「市民が主体となって地域の文化を守り継承するプロジェクト」と「市民が主体となって自然を守り継承するプロジェクト」を募集対象とし、登録された10件の「プロジェクト未来遺産」に応援金(合計総額は500万円)を贈呈。また一般投票や企業応援金を通じた、個人や協力企業からの応援が受けられます。
⇒日本ユネスコの「プロジェクト未来遺産」の応募方法と選考
※第1回、第2回のプロジェクト未来遺産に登録された活動も見れます。
⇒日本ユネスコのHP
【参考】第1回のプロジェクト未来遺産では、沖縄県うるま市のあまわり浪漫の会の、現代版組踊「肝高(きむたか)の阿麻和利(あまわり)と「キムタカのマチづくり」が登録されていますが、姉妹ブログ「たぷたぷ日和」では、福岡公演の時の様子がご覧頂けます。
⇒地域力「どこどこ」2009/12/02「日本ユネスコ協会の「未来遺産運動」」 
⇒「たぷたぷ日和」2010/01/11「現代版組踊「肝高の阿麻和利」福岡公演観に行きました」

沖縄ディゴ100503_1659~01
101017小浜島ミロク_1142~01

■トヨタ財団、「2010年度地域社会プログラム」の選考結果発表 (トヨタ財団HP、2011年3月29日発表)
『2010年度地域社会プログラムの助成対象プロジェクトが決定しました。日本各地より709件のご応募をいただき、37件(助成金総額1億1,998万円)を助成の対象として決定しました。このプログラムの趣旨は、「人がつながり、地域が動く――新しい地域社会をひらく仕組みづくり」をテーマとして、地域に生きる人びとが主体的にかかわり、さまざまな人のつながりを広げ、深めることによって、その地域の課題を解決する「仕組み」の形成をめざす、意欲的な取り組みを支援するものです』(トヨタ財団HPより)
⇒「2010年度地域社会プログラム」37件がご覧になれます。
※助成対象プロジェクトは助成対象検索ページよりご覧いただけます。プログラム種別「地域社会プログラム」、年度「2010」を選択すると、2010年度の助成対象プロジェクトの概要や助成金額がご覧いただけます。また、過年度の助成事業も見ることが出来ます。
□【予告】「2011年度地域社会プログラム」の応募開始は2011年秋(2011年9月〜2011年11月)となります。
⇒「2011年度地域社会プログラム」の概要(トヨタ財団HPより)
□トヨタ財団
⇒トヨタ財団のHP

2011年度、トヨタ財団では「ビジョン2010 ―よりよい未来を構築するために」に基づき大きく5つに分類された助成プログラムを実施します。現在、2011年度助成プログラム「アジア隣人プログラム」「地域社会プログラム」の募集を開始しました。(2011年4月1日募集開始〜2011年5月13日締めきり)

島原 蟲カ蜴滓勸雉「蟯ウ縺ョ遏ウSN3R0080_convert_20110415173810

■観光地は東日本震災の影響で深刻です。
被災地でもない東北地方の観光地までも閑古鳥の状態だという報道です。また収束が見えない原発事故、放射能への不安による影響による旅行控えで、全国の観光地への国内外からの旅行客も激変しています。日本政府観光局が14日、この3月に日本を訪れた外国人旅行者数(推計値)は、前年同月比50.3%減の35万2800人だったと発表しました。これは、調査データのある1961年以降最大の下落率であり、今後も外国人旅行者の日本離れが続く恐れがあると懸念しているとの報道でした。
□「平成23年度観光地域づくりプラットフォーム支援事業の補助採択及び観光圏整備実施計画の認定発表」 (観光庁2011年4月1日)
観光庁では、観光を核とした地域の再生・活性化を図るため、観光圏整備法に基づき2泊3日以上の滞在型観光が可能な観光圏の形成を促進するとともに、地域資源を活用した着地型旅行商品の企画・販売等を行うため、市場と地域のワンストップ窓口機能等を担う「観光地域づくりプラットフォーム」の形成を促進しています。今般、観光地域づくりプラットフォーム支援事業の設立準備段階の補助として、玄界灘観光圏や新東九州観光圏など12地域、運営初期段階の補助は、平戸・佐世保・西海ロングステイ観光圏や雲仙天草観光圏などの11地域を採択。観光圏整備実施計画(新規認定)は3地域の認定を行いました。
⇒「観光地域づくりプラットフォーム支援事業の補助採択、観光圏整備実施計画の認定」
⇒「観光地域づくりプラットフォーム支援事業」採択地域、「観光圏整備実施計画」新規認定地域
【参考。観光庁の観光地づくりの施策】
⇒「観光庁。国際競争力の高い魅力ある観光地づくりに関する施策」
 (観光庁HP)
□「訪日外国人旅行者の受入環境整備に係る外客受入戦略拠点・外客受入地方拠点の選定を発表」
(観光庁2011年4月13日)
観光庁は、訪日外国人3000万人プログラムの第1期である2013年度までを対象期間とし、外国人旅行者の受け入れ環境の整備に向けて、モデル地域を選定し、(1)交通網の包括的な情報提供(2)街歩き情報・環境の充実(3)多様な観光情報の提供(4)言語対応サービス環境の整備(5)地域(施設)全体での決済環境の導入、に該当する地方自治体や民間事業者等が一体となった取り組みを支援します。この度、外国人が現状ですでに多くの訪れている「戦略拠点」と、今後増加が見込まれる「地方拠点」を全国で23カ所を選定した。事業の実施は7月ごろからを見込んでいる。戦略拠点と地方拠点については、今後3カ年で50拠点を選定する予定。
⇒「外客受入戦略拠点・外客受入地方拠点」 (観光庁HP)
外客受入戦略拠点【12拠点】札幌、函館、登別、浦安、東京(秋葉原、銀座、蒲田)、
横浜、富士河口湖・笛吹、京都、大阪、福岡
外客受入地方拠点【11拠点】箱根・湯河原・熱海、湯沢、金沢、高山、伊勢志摩、
奈良、田辺・白浜、松江、高知、別府、鹿児島

■国土交通省「平成22年度「かわまちづくり」計画の登録・変更」を発表
(国土交通省河川局平成23年3月31日)
国土交通省河川局では、地域の景観、歴史、文化等を活かし、地方公共団体や地域住民との連携の下で、河川空間とまち空間の融合が図られた良好な河川空間形成を目指す取組である「かわまちづくり」支援制度に係る「かわまちづくり」計画について、平成22年度の第2回目の五箇所(福島県塙町の久慈川・川上川の塙町かわまちづくり。京都府亀岡市の桂川の保津川かわまちづくり。大阪府箕面市の箕面川の箕面市かわまちづくり。鹿児島県薩摩川内市の川内川の向田地区かわまちづくり。鹿児島県伊佐市の川内川の湯の尾地区かわまちづくり)の登録と、1箇所の計画変更を発表。
⇒「平成22年度「かわまちづくり」計画の登録・変更について」 (平成23年3月31日国土交通省河川局)
⇒【参考】「かわまちづくり支援制度」の概要 (国土交通省河川局HP)


(マコ)

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

doko3

Author:doko3
福岡の情報サイト「ふくおかサポートねっと」の編集部です。九州・沖縄の注目ニュースを中心に発信します。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。