--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014.12.31 12:18|社会news
12月30日の午後、那覇空港国内線ターミナルで、トイレの水が流せなくなるトラブルが発生。
トイレの使用水を溜める雑用水タンクが枯渇したことが原因。
注水用の雨水が足りず、利用客の使う量が多かったことから、雑用水槽内の水が枯渇。
汚水を使用する2階待合ロビーのトイレを除くすべてのトイレを使用中止とし、
利用者は、駐車場や国際線ターミナルのトイレに案内された。

ココに注目!

今回の原因が「降水量の少なさ」なのか、定かではありませんが、、、
沖縄での水不足について触れたいと思います。

先月、石垣を訪れた際、数日後に夜間給水制限(23時~翌朝6時)が開始されることがTVニュースで流されていました。

私は、地元の方と一緒だったので、
●今年は降水量が少ないこと。
●飲食店の経営に影響が出ること。
●日々の生活において、子どもの弁当作りが間に合わないこと。
等を聞かせていただきました。

以前も、沖縄本島を訪れた際、
●天候による水不足がよくあること。
●ホテルでの水の使用量が莫大なこと。
を聞いたことがありました。

旅行で沖縄を訪れている人は、滞在中、TVニュースを見る時間はあまりないのだと思います。
給水制限が必要な事態になっていることを知らない観光客がほとんどなのでは。
また、沖縄は水不足に陥りやすいというマイナス情報を、沖縄では観光客に知らせないようにしているのではと感じますが、
給水制限が開始される前の常日頃から、ホテルや客室において、節水の呼びかけをしたほうがよいのではと思います。
(意外にも、そういう呼びかけはほとんど見ることがありません)
皆さん、協力すると思いますヨ。

福岡も、大規模な水不足が度々起こったことのある地域。
そのときは、お風呂に入れる時間に帰宅するために、残業ナシとなりました。
その後も使いやすいようにと、ポリタンクではなく新品の衣装ケースに水を溜め、
歯磨きの合間に小まめに蛇口を閉めるのが癖になり、
全社の宿泊研修が行われた時には、他の支社の社員が蛇口を開きっぱなしで歯磨きするのが目に留まるようになりました。
「私も、以前は水を流しっぱなしにしていたな」と。
以来、水は大事にしている気がします。

節水の意識というものは、ちょっとしたことがきっかけで高まるもの。
水も大切な資源です。限りある資源を大切に。

関連リンク

◆沖縄タイムス(2014.12.31)
 http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=96953

◆琉球新報(2014.12.31)
 http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-236685-storytopic-1.html
スポンサーサイト
2014.12.31 11:22|社会news
コンサートなどのイベント帰りの人が、応援グッズの棒形ペンライトを駅のホームで発光させることに、鉄道関係者が頭を悩ませている。
鉄道各社では利用客が線路へ転落した場合などに、駅員がホームから「合図灯」と呼ばれるライトを使って電車の運転士に異常事態を知らせることがある。
この合図灯の光が一部の棒形ペンライトの光と似ているため、コンサート帰りの客が会場の最寄り駅や乗換駅でライトを点灯させると、運転士が「緊急停止」のサインと誤認してブレーキをかけてしまう可能性がある。

一方、「本当に電車を緊急停止させなければいけないケースで、逆にライトと混同して止められないという事態も起きかねない」。


ココに注目!

「棒形ペンライト」の使用を駅のホームで使用しないよう、とりあえず規制することと並行し、
製品自体の形態変更も求められるのかもしれません。
あるいは、鉄道各社が使用する「合図灯」の形態を変更するほうがいいのかもしれません。

どちらにしても、一昔前と違い、色々な“光”が溢れる現代において、
このような原因で事故が発生する前に、
使用者、「棒形ペンライト」と「合図灯」の製造者、鉄道会社が
立ち止まって考えるべき問題だと思います。

ところで、、、コンサート用棒形ペンライト「ルミカライト」で有名な「株式会社ルミカ」は、
福岡県古賀市に本社・研究所を置く企業です。
スペインにも支店を出す国際企業。
釣り好きな人は「ケミホタル」という製品を使っている人も多いのでは。
防災セットの中に、「ルミカライト」を何本か常備しておくのもオススメです。
化学分野で活躍している地場企業。応援したいですね。


関連リンク

◆毎日新聞(2014.12.31)
 http://mainichi.jp/select/news/20141231k0000m040126000c.html

◆株式会社ルミカ
 http://www.lumica.co.jp/

◆株式会社ルミカが運営する通販サイト「ルミカショップ」
 http://www.lumicashop.com/
2014.12.16 17:15|科学news
気象庁は12月16日、
北海道・十勝岳の噴火警戒レベルを、1(平常)から2(火口周辺規制)に引き上げた。

ココに注目!

今年、噴火警戒レベルが上がった火山は、下記のとおり。
日本列島全域で火山活動が活発化しているといわれています。
お出かけ前には、気象庁や気象協会、各自治体のWebサイトをチェックしてから出かけましょう。

12月12日 吾妻山(福島県・山形県) レベル1から2へ
9月27日 御嶽山(長野県・岐阜県) 噴火後にレベル1から3へ
8月30日 阿蘇山(熊本県) レベル1から2へ
8月3日 口永良部島(鹿児島県) レベル1から3へ
6月3日 草津白根山(群馬県) レベル1から2へ

噴火警戒レベル(2014年12月16日現在)
レベル3 御嶽山(長野県・岐阜県)、桜島(鹿児島県)、口永良部島(鹿児島県)
レベル2 十勝岳(北海道)、吾妻山(福島県・山形県)、草津白根山(群馬県)、三宅島(東京都)、
      阿蘇山(熊本県)、霧島山(新燃岳)(鹿児島県)、諏訪之瀬島(鹿児島県)

関連リンク

◆気象庁・・・各火山のリーフレットと現在の噴火警戒レベル
 http://www.data.jma.go.jp/svd/vois/data/tokyo/keikailevel.html

◆気象庁・・・噴火警戒レベル
 http://www.data.jma.go.jp/svd/vois/data/tokyo/STOCK/kaisetsu/level_toha/level_toha.htm

◆日本気象協会・・・火山状況一覧 (分かりやすいです)
 http://www.tenki.jp/bousai/volcano/

(よしお)
2014.12.13 13:31|社会news
12月12日、今年の世相を表す「今年の漢字®」が発表されました。
京都・清水寺の森清範(せいはん)貫主(かんす)の揮毫により発表。

今年は、167,613票の応募の中から8,679票を集めた「」が1位となりました。

*今年一年の世相を漢字一字で表現する2014年「今年の漢字」は、
 公益財団法人日本漢字能力検定協会が、
 11月1日から12月5日まで、全国からその理由とともに募集しました。


2014年「 今年の漢字」 TOP10
1位 「」 (ゼイ・セイ/みつぎ) 8,679票(5.18%)
2位 「」 (ネツ/あつい・ほてる・いきる・ほとぼり) 6,007票(3.58%)
3位 「」 (キョ/ふく・はく・うそ) 5,979票(3.57%)
4位 「」 (サイ/わざわい) 5,830票(3.48%)
5位 「」 (セツ/ゆき・すすぐ・そそぐ) 5,474票(3.27%)
6位 「」 (キュウ/なく) 3,050票(1.82%)
7位 「」 (フン・ホン/ふく・はく) 2,984票(1.78%)
8位 「」 (ゾウ・ソウ/ます・ふえる・ふやす) 2,689票(1.60%)
9位 「」 (ギ/いつわる・にせ) 2,543票(1.52%)
10位 「」 (ヨウ/あやしい・なまめかしい・わざわい) 2,327票(1.39%)


ココに注目!
<応募者が「税」を選んだ理由> (日本漢字能力検定協会Webサイトより)

消費「税」率が17年ぶりに引き上げられ「税」について考えさせられた年
2014 年4 月、消費税率が1997 年以来17 年ぶりに5%から8%に引き上げられました。消費税率アップを前に多くの生活者は日用品などの消費財の買いだめや自動車・家電などの高額商品の駆け込み消費を行いました。消費税が8%になってからは、日用品や電車・バス・タクシー運賃、電気・ガス・水道など公共料金も実質値上がりし、家計への負担が増加、国民生活に大きな影響を及ぼすこととなりました。経済負担の増加を目の当たりにし、生活者の金銭感覚は一層シビアに。税について考えさせられる一年となりました。

「税」に関わる話題が政財界で多く取り沙汰された1年
消費税の増税は、年金や医療費などの増え続ける社会保障費の財源確保のためであることは理解できます。一方で、消費税率アップの影響もありGDP は落ち込み、税金の有効な使い方を決める側であるはずの国会議員や県議会議員による“政治と金”問題が頻発しました。また、2015 年10 月に引き上げ予定だった消費税率10%への増税は先送り。米大手格付け会社が日本国債を格下げしたことも話題となりました。


「税」の文字が揮毫された和紙は、
12月26日(金)まで清水寺「経堂」にて開催されている『漢字が表す20年の世相展』に
展示され、20年分の「今年の漢字」が一堂に展示されます。


「税」について考える・・・
そういう言葉はあるけれど、現実には、なかなか考えることができていない、、、
私も正確な知識を持っているとはいえないので、
年をとればとるほど、きちんと勉強して知りたいと思います。

日本人が税金について意識が低いのは、
「源泉徴収&年末調整」という仕組みがあるからと思います。
会社勤めをしている場合は、会社が本人に代わっておおまかな所得税などを計算し、毎月徴収(天引き)したうえで、差し引いた金額の給与や報酬を本人に支払い、年末調整時に最終的に正確な税金の額を計算し確定する制度。
本人が納税金額を計算する作業を行うと、納付している税金の額や使途に対する意識は確実に変わると思うのですが、会社勤めをしている人が多い日本では、なかなかそうならないですね。

年が明ければ、そろそろ確定申告の季節を迎えます。
自分での確定申告の必要がない人も、役所で配布している用紙を入手して、
一度、確定申告の計算をしてみるというのは、いかがでしょうか。
おそらく、ビックリするくらいの金額を、税金として納めていると思いますよ。


関連リンク

日本漢字能力検定協会Webサイト 2014年「今年の漢字」
http://www.kanken.or.jp/kanji2014/common/data/release_kanji2014.pdf

日本漢字能力検定協会Webサイト 過去の「今年の漢字」
http://www.kanken.or.jp/project/edification/years_kanji/history/index.html

過去の「今年の漢字」
2013年 「輪」
2012年 「金」
2011年 「絆」
2010年 「暑」
2009年 「新」
2008年 「変」
2007年 「偽」
2006年 「命」
2005年 「愛」
2004年 「災」
2003年 「虎」
2002年 「帰」
2001年 「戦」
2000年 「金」
1999年 「末」
1998年 「毒」
1997年 「倒」
1996年 「食」
1995年 「震」

(よしお)
11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

doko3

Author:doko3
福岡の情報サイト「ふくおかサポートねっと」の編集部です。九州・沖縄の注目ニュースを中心に発信します。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。