--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.08.05 18:37|観光活性化
◇【旅を考える、観光を考える】 「誰と行くのか」
前回の【旅を考える、観光を考える】では、観光庁が発表した「若者の旅行離れに関する旅行振興の分析」から、若者の関心を惹きつける旅の企画事例や提案等を見てきました。
 今回は、民間団体等が「何処に旅に行くのか」という視点でなく、「誰と旅に行くのか」を重視した調査を行った、興味深い結果の紹介です。例えば、今夏の旅行予定を聞くと、現在の旅行市場を支えている時間とお金に余裕のあるシニア世代の57.6%が計画していると答えたが、旅行離れと言われている20代の若い男女も5割以上が旅行を予定していて、特徴的なのは、若き20代男性の3割が、あえて予定を細かく決めない「ひとり旅」を予定しているという姿が見えたりしています。この「旅には誰と行くのか」を、そして何をしたいのか等を詳しく調べて、旅のマーケティングの切り口として考えることが、満足度の高い旅行企画の開発や、旅行地としてのあり方にもつながるのではないでしょうか。

沖縄ボクネンの館 €SN3R0807_convert_20120805182750沖縄ボクネンの部屋 €SN3R0811_convert_20120805182910

■「旅行は、何処へ行くかはあまり重要じゃない、誰と行くかが重要なんだ」
こういうレポートを最近多よく目にします。また旅行会社や観光地の方々は、この考え方に沿った対応や企画開発を始めておられます。確かに、旅行を楽しむためのポイントは、「何処に行くのか」というのは大切ですが、それと同じ位大切なのが「誰と行くのか」です。
◇ANAの「旅立ち空間」アンケート「一緒に旅するなら誰と行く」によると、気の合う友人と 229人。会社の同僚・先輩と 5人。家族・親子で 306人。夫婦・恋人同士で 635人。いつも気兼ねなく一人旅291人。という結果が出ています。
◇「カウンセラーCHIKAKOのひとこと」さんは、ブログ「どこへ行くかより、誰と行くか」の中で、
『皆さんは、旅行計画を立てるとき、何を思って計画しますか?まずは、どこへ行くかを決め、そこで何をしたいのか思い描きますよね。例えば、はじめから一人旅と決めていれば自分の思うがまま、行きたいところ、したいことを決めていけばいいです。厳密に言えば、一人旅でも誰を思いながら行くのかで、違ったものに見えるはずですが…。でも、誰かと行くとき、その相手のことを思って計画していますか?その「誰か」を優先する計画を立てている方はすでに、楽しい旅行をされている方かもしれませんね。綺麗な景色を見たり、素敵な観光スポットに行ったりしたとき、一人で見るときは、その時の心の持ち方で見える景色も違ってきますが、同じ場所に誰かと行ったとき、一人で見たときの景色とはたぶん違ったものになりますよね。そんな経験ないですか?旅行は、結局は、思い返してみれば、「どこへ行くか」ではないんですね。「誰と行くか」、「何を食べるか」ではなく「誰と食べるか」、「何を話すか」ではなく「誰と話すか」ですよね。その「誰か」が、「幸せ」を共有できる人が望ましいですよね』と書かれています。旅行プランを考える時、私も、CHIKAKOさんが言われるような経験をしているような気がします。
■@nifty「旅行についての本音・実態調査」 (@niftyなんでも調査団、2012年7月6日 )
誰と旅行をするか、という問いに対しては、「夫婦、または恋人と2人で」が50%でトップ。次いで「家族3人以上で」が40%、「一人旅」が25%。既婚者は、「夫婦2人で」「家族3人以上」での旅行が多く、未婚者は「友人と少人数で」や「一人旅」が多いという結果。また、女性の方が男性よりも「友人と少人数で」と答えている人の割合が約2倍と高く、男性は約半数が「夫婦、または恋人と2人で」と答えた。「誰と旅行しますか?」という問いに対して「一人旅」と答えた人を対象に、一人旅のコツを調査。1位は「あえて予定を細かく決めない」という回答。一人旅のいいところは、自由気ままに、どこへでも行けることなので、あえて“決めない”ことがコツという回答が多数が多かったようです。(@nifty「旅行についての本音・実態調査」より抜粋)
⇒@nifty「旅行についての本音・実態調査」
■「今年の夏、国内旅行を予定している20代と60代以上の旅 初調査」
(ジャパン・ホテル・リート・アドバイザーズ株式会社 、2012年06月28日)
『「今夏の旅行を予定していますか」という設問に、「予定している」と答えた20代男女50.5%、60代以上男女57.6%。「誰と国内旅行に行く予定ですか?」という設問に、20代男性の約3割が「一人旅」を計画。60代以上男女と20代女性は、家族と旅行が過半数。20代男女は「彼女・彼氏と」が17.0%「友人と」が28.7%と約5割の人が気の置けない友人、恋人たちとの旅行を計画しているのに対し、60代以上男女は「家族と」67.3%と夫婦水入らず、もしくは家族との旅行を予定している結果。さらに世代・男女別に見ると、20代男性は特徴的で「家族と」と回答した人は21.5%にとどまり、「一人で」が28.1%と他属性に比べて突出しており、「友人と」も32.2%も他世代に比べて高い割合を示しています』
⇒「今年の夏、国内旅行を予定している20代と60代以上の旅 初調査」

コレ七。沖縄SN3R0307000100010002_convert_20120102171114

◇【地域力「どこどこ」からのおすすめ】 旅を楽しむポイントは「物語に出会う」
地域力「どこどこ」では、『各地の史跡や重要文化財等や無形民俗文化財へのおでかけの旅を、四季の地域の祭りやイベントの季節に考えてみるのは楽しいものです。ゆっくりと、その地に身を置いてみると、当時の時代の歴史や価値感、人の生き方等の物語を知ることが出来、その地に住む現代のまちの人々にも出会うことができ、人間と自然のあり方や世の中のあり方、自分のこれからと次のステージを考える旅になることでしょう』と、おすすめしてきました。また、『メジャーな観光スポットめぐりだけでなく、好きな映画、舞台、小説に登場した場所をゆっくり巡るのもいいでしょう。その地域の歴史・文化や物語に出合い、感動と共感の何かを再発見したりします』と紹介してきました。
 旅に「誰と行くのか」は、ひとりだつたり家族だったりしますが、個人的には、旅先で出会う人、旅行地でお世話になる人達も、私と一緒に旅していただく「誰か」だと思っています。できれば、その「誰か」と、旅先で「物語」を共有できたら望ましいですね。
 昨今の経済不況、観光客減少、そして旅への意識・行動が多様に変化している中、全国の観光地が、どこでも京都・奈良、北海道・沖縄になれるわけがありません。全国の地域が、単に観光客が増えれば良いというだけでなく、観光を、地域の特色と住民の意思と絆を活かした地域としてのまちづくりとしてとらえ、地域資源や人的資源を基にした交流観光等への展開に取り組まれることを願っています。

(マコ)
スポンサーサイト
2012.08.04 13:09|観光活性化
◇【旅を考える、観光を考える】若者の旅行離れに関する旅行振興
「旅行、観光」と言うと、最近の若者の旅行離れが指摘されたり、旅行に費やせる時間と旅行消費額から、シニア層と若い女性層向けの企画を、各観光地、旅行会社が競ってアピールしていますが、従来のように、旅への興味関心事や年代、性別、旅行地等でひとまとめに考えるには、あまりにも個々人の関心事は多様化、個別化し、マスでとらえることが難しい時代になってきています。また、昨年の東北大震災、経済環境の悪化から、国内、訪日の観光客が減少してきています。政府は、平成24年度から平成28年度の5年間の「観光立国推進基本計画」を発表し、平成28年までに国内における旅行消費額を30 兆円にする、訪日外国人旅行者数1,800万人にする等の目標を掲げました。本日は、観光庁が発表した「若者の旅行離れに関する旅行振興の分析」や、政府の観光関連の各種報告書や政府の支援内容を見ながら、各地域の観光振興策を考える際の基礎資料としていただければ幸いです。

070916_1206kourijima~01沖縄石垣の港 縮小€SN3R0821_convert_20120804124853

■「これで若者は旅に出る!」
第二弾~若者旅行振興研究会、第二期の議論のまとめについて~(観光庁、2012年7月27日)
「近年、若者の旅行離れに関する様々な指摘が行われていますが、現在と将来における旅行市場の拡大、若者によい旅行体験をしてもらう観点から、観光庁では、平成22年7月より産学官の関係者から構成する若者旅行振興研究会を立ち上げました。若者旅行振興研究会の第二期(平成23年11月~24年6月)では、他業界での取組やモニターツアーを通して若者の関心を惹きつける事例等について議論を行い、この度資料としてまとめました」
主なポイントは、
1.ブログやSNSで「いいね!」と承認されそうなネタを盛り込んだ旅が、若者の旅への動機付けとなり得る。
2.企業見学や就職合宿を組み込んだツアーは就職活動に活かせることができ、潜在需要を喚起するテーマとなる。
3.調査結果によると10代・20代の男女は3名以上の旅行参加が多いため、3名以上のグループを対象とした商品プランを積極的に打ち出すことは需要喚起につながる」等々
⇒第二弾~若者旅行振興研究会、第二期の議論のまとめについて
以下、参考資料よりピックアップ
◇若者旅行振興に向けた今後の取り組み(観光庁、平成24年6月6日)
観光庁としての今後の取り組み『大学ゼミやNPO法人等と連携して、学生が参加するゼミ旅行等による地域との交流人数を増やすため、これらのニーズと地域をマッチングさせる仕組みを整える。その具体例として、中山間地の農村など、若者の来訪を要望している熱意のある地域と上記大学等との連携を進め、地域に若者が旅行するよう図る』
⇒若者旅行振興に向けた今後の取り組み
【参考】「大学を地域再生への中核に」 2012/06/18の地域力「どこどこ」で取り上げています。
⇒大学を地域再生への中核に
「大学の地域貢献に財政支援大学を地域再生への中核に、と、文部科学省は、2017年度までの大学改革の工程表「大学改革実行プラン」を発表し、地域が抱える「環境」「エネルギー」「介護」「観光」等への私立大学の取り組みへの財政支援を本年度行うことを発表」
◇モニターツァーの分析結果(観光庁、平成24年6月6日)
⇒モニターツァーの分析結果
【参考】「観光庁のモニターツァー」 2012/01/30の地域力「どこどこ」で取り上げています。
⇒「観光庁が、旅行経費の一部を負担する「がんばろう!日本」モニターツアー」
「この中のテーマ3:若者旅行振興のためのモニターツアーを紹介しました。今回はその分析報告です」
◇若者旅行振興のためのモニターツアー調査報告
(ダイヤモンドビッグ社、地球の歩き方編集本部。平成24年6月6日)
⇒若者旅行振興のためのモニターツアー調査報告
◇若年層市場への沖縄観光の取り組み (沖縄県文化観光スポーツ部、平成24年1月20日)
⇒若年層市場への沖縄観光の取り組み

沖縄ディゴ100503_1659~01090227コレ・ブーゲン_1642~02

■「観光立国推進基本計画」~観光でつくる日本のチカラと地域の魅力~(観光庁、2012年3月30日発表)
『政府は、平成24年度から平成28年度の5年間の「観光立国推進基本計画」を発表し、平成28年までに国内における旅行消費額30 兆円、訪日外国人旅行者数1,800万人等の目標を掲げています』
<観光庁が主導的な役割を果たすべき主な施策>
[1] 国内外から選好される魅力ある観光地域づくり(観光地域のブランド化・複数地域間の広域連携等)
[2] オールジャパンによる訪日プロモーションの実施
[3] 国際会議等のMICE分野の国際競争力強化
[4] 休暇改革の推進
⇒観光庁「観光立国推進基本計画」
【参考】「観光立国推進基本計画」 2012/04/02の地域力「どこどこ」で取り上げています。
⇒観光でつくる日本のチカラと地域の魅力「観光立国推進基本計画」
◇平成24年版「観光白書」が刊行されました(観光庁、2012年8月1日発表)
「観光白書」は、平成24年3月30日に閣議決定された、新たな「観光立国推進基本計画」について解説しています。新たな基本計画では、平成28年までの「観光立国実現に関する目標」及び「政府が総合的かつ計画的に講ずべき施策」について定めています。平成24年版「観光白書」通常版及びコンパクト版については政府刊行物センターや大手書店、インターネット書店等でお求めになれます」
⇒平成24年版「観光白書」の刊行のお知らせ

■「共通基準による都道府県の観光入込客統計」7月末現在の取りまとめ状況(観光庁、2012年7月31日)
「観光入込客数や観光消費額を、訪問目的別(観光/ビジネス)や発地別(県内/県外/外国人)に、地域間で比較することが可能な形で把握するための共通基準に基づく観光入込客統計が開始されたことで、今後は、地域間で観光に関する現状や動向を比較することができるようになるほか、各地域において観光振興に関する戦略や施策を立案する際の基礎として活用していくことが可能になります」
⇒「共通基準による都道府県の観光入込客統計」7月末現在の取りまとめ状況
⇒「共通基準による観光入込客統計」
・観光地点を訪れた観光入込客数(都道府県単位)
・観光地点を訪れた観光入込客1人あたりの平均消費額(都道府県単位)
・観光地点を訪れた観光入込客の総消費額(都道府県単位)

■訪日外国人消費動向調査(4-6月期)の調査結果の発表について(観光庁、2012年7月30日)
・訪日外国人一人当たりの旅行中支出額は113,693円(前年同期比:2.3%増、前々年同期比:9.3%増)
・訪日外国人全体の旅行消費額は約2,430億円と推計(前年同期比:101.3%増、前々年同期比:6.8%増)
・訪日外国人の満足度は高く、93.7%が再訪意向
⇒訪日外国人消費動向調査(4-6月期)の調査結果の発表について

(マコ)

07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

doko3

Author:doko3
福岡の情報サイト「ふくおかサポートねっと」の編集部です。九州・沖縄の注目ニュースを中心に発信します。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。