--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.01.17 17:28|観光活性化
前回の沖縄の映画「やぎの冒険」、歴史ロマン小説と舞台公演の「テンペスト」に続いて、またまた沖縄の話題です。現代版組踊「肝高の阿麻和利」(きむたかのあまわり)の公演とバックヤードツァーの紹介です。アートツーリズムとでも言うのでしょうか。春が一足早い沖縄で、一味違う沖縄を楽しんでください。
「肝高」(きむたか)は、「心豊か」「気高い」「品位ある」などを意味し、沖縄最古の歌謡集「おもろさうし」にしばしば見られる古語。勝連および勝連城の美称。
勝連城10代目城主「阿麻和利」(あまわり)の半生の生き様を、多くの伝承や歴史研究をベースに脚本化。郷土が誇る英雄として復活させた。
「組踊」とは、「音楽・舞踊・台詞」で構成される琉球古典劇で、能や歌舞伎の影響も受けた約300年の歴史をもつ伝統芸能。「肝高の阿麻和利」は古典劇の様式を残しながら、演劇、バンド、ダンス等を取り入れた新作の組踊。

■沖縄県うるま地域の中高校生が演じる、現代版組踊「肝高の阿麻和利」
「肝高の阿麻和利」は、沖縄に古くから伝わる伝統芸能「組踊」をベースに、現代音楽とダンスを取り入れて、勝連城10代目城主「阿麻和利」の半生を描く、いわば「沖縄版ミュージカル」。1999年に、当時の勝連町教育委員会が、子ども達の感動体験と居場所づくり、ふるさと再発見・子どもと大人が参画する地域おこしを目的に企画したものです。沖縄県うるまの中高校生約100名余が演じる現代版組踊です。2000年3月初演以来、公演回数175回を数え、観客動員は延べ11万余人を達成(平成22年8月現在)。舞台だけでなく、子ども達の居場所づくりや人材育成、地域づくりの場としても、県内外から注目を浴びています。
⇒肝高の阿麻和利公式サイト
⇒舞台の様子がスライドショーで見れます(肝高の阿麻和利公式サイトより)
⇒「肝高の阿麻和利」卒業公演チケット販売情報 (肝高の阿麻和利公式サイトより)
平成23年2月11日(金) 夜の部のみ。 2月12日(土)昼公演 残りわずか。夜公演 完売。
2月13日(日)昼公演 完売。夜公演 完売。 (2011年1月17日現在)

キムタカ 舞台が元気を運んでくる感動体験夢舞台キムタカ 舞台が元気を運んでくる感動体験夢舞台
(2008/04/23)
平田 大一

商品詳細を見る

■「肝高の阿麻和利バックヤードツァー」のご紹介
2月の卒業公演は座席の関係でなかなか見れません。本舞台ではありませんが、「肝高の阿麻和利バックヤードツァー」はお勧めです。主なツァーを紹介します。
⇒「旅の発見」の「肝高の阿麻和利バックヤードツァー」 (旅の発見HP)
沖縄現地発着と羽田発のツァーがあります。
⇒「トップツァー」の「肝高の阿麻和利バックヤードツァー」(トップツァーHP)
羽田発ツァーです。
⇒「あそんじゃ おきなわ」の「肝高の阿麻和利バックヤードツァー」 (あそんじゃ おきなわHP)
沖縄現地発着と羽田発のツァーがあります。
⇒(参考)バックヤードツァーと、うるまの魅力体感日帰りツァーのレポート(あそんじゃ おきなわHPより)

100504環境③_1220~01

■ゆったりのんびりブログ「たぷたぷ日和」は、昨年の「肝高の阿麻和利」福岡公演に行きました。
「どこどこ」の姉妹ブログ「たぷたぷ日和」では、昨年の福岡公演の模様を紹介しています。是非臨場感のある写真や解説を参考にしてください。「たぷたぷ日和」は、こんなことも書いています。
私「たぷたぷ日和」が思う、ご覧になっていただきたい方は、
・沖縄大好きな方(沖縄には、王朝としての長~い歴史があります)
・歴史が好きな方(日本史や世界史がお好きな方、琉球史にも幅を広げてみませんか)
・演劇好きな方
ちょっと違う角度から、、、
・学校教育関係者の方
・青少年育成に取り組んでいらっしゃる各種団体の方
・まちづくりに取り組んでいらっしゃる各種団体の方
地域の文化を理解して、地域に誇りを持つ子どもたちやが育ち、幸せな顔をして笑っている住民があふれる町というのは、理想の町のひとつの形だと思います。(たぷたぷ日和より)
⇒「たぷたぷ日和」2010.01.11 「肝高の阿麻和利」福岡公演 観に行きました~!
⇒「たぷたぷ日和」2009.12.10 「肝高の阿麻和利」福岡公演 開催!

□お出かけプランには、「ふくおかサポートねっと」の「「九州・沖縄のイベント情報」
沖縄の肝高の阿麻和利を巡る旅のプランには、ふくおかサポートねっと「「九州・沖縄のイベント情報」で、四季折々の沖縄の行事や祭りのイベントを加えてみてはいかがですか。旅の計画づくりのお供として、あなただけの旅をお楽しみください。
⇒「九州沖縄のイベント情報」 (ふくおかサポートねっとHP。九州7県と沖縄のイベント情報が満載)
ふくおかサポートねっと「九州・沖縄のイベント情報」では、九州7県と沖縄のたくさんのイベント情報を毎月更新しています。

(マコ)
スポンサーサイト
2011.01.16 18:31|観光活性化
今日は沖縄の話題。ひとつは、このブログで追っかけています「やぎ」。除草等でヤギを活用している自治体等が増えてきていますが、今日紹介するのは、沖縄の中学生が監督した話題の映画「ヤギの冒険」。全国各地で見られたらいいですね。もうひとつは、私も、今夢中になって読んでいます、19世紀の琉球王朝で繰り広げられる、波乱万丈の歴史ロマン小説「テンペスト」(池上永一著)の舞台や沖縄体感ツァーのご紹介。本を読んだり、映画や舞台を見て思いを馳せ、物語に登場する人の歴史や場所をめぐる沖縄の旅なんていかがでしょうか。

090628ヨロンのヤギ_1526~01

■沖縄の中学生が撮った映画「やぎの冒険」
沖縄県の中学生が撮った映画「やぎの冒険」が2011年1月8日から、東京都の映画館で上映されています。大阪市でも2月から公開されます。1匹のヤギと少年の姿を通して、等身大の目線で沖縄の素顔を見つめた、80分超の長編で、中学生監督の作品として異例の劇場公開にこぎつけました。監督した沖縄市立沖縄東中学3年の仲村颯悟(なかむらりゅうご)さん(14歳)は、「現在の沖縄の、リアルな姿を映画にしたかった」と話す。作品は、那覇市の小学生が冬休みにオジィ、オバァが暮らす沖縄本島北部を訪ねる物語。少年は、子ヤギが食用につぶされるのを目の当たりにする。逃げた別のヤギを追いかけるが、捕まえればつぶされてしまう。生き物を食べることの意味を知ることによる少年の成長を映した。2010年9月から沖縄県内で先行上映され、約4万人の観客を集めました。
※2011年1月8日から東京・池袋テアトルダイヤのほか、横浜・ブリリアショートショートシアター(2011年1月8日(土)~22日(土))など。大阪では、2月19日からテアトル梅田で上映予定。
⇒映画「ヤギの冒険」公式サイト
⇒映画「ヤギの冒険」予告編
⇒映画「ヤギの冒険」各地の上映場所と時間
□映画「やぎの冒険」は、観光庁特別推薦作品「やぎの散歩」の長編化作品
「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア(SSFF & ASIA)」では、昨年「ショートショートフィルムフェスティバル & アジア 2010」内に、観光庁との連携プロジェクトである「旅シヨーット!プロジェクト」を立ち上げました。本プロジェクトは、昨年創設され、初めての作品募集を行った結果、観光庁特別推薦作品に「やぎの散歩」が選ばれました。その長編化作品「やぎの冒険」が上映されます。(観光庁HPより)
⇒参考「旅シヨーット!プロジェクト」2010 コンテンツ」 (観光庁HPより)

■19世紀の琉球王朝で繰り広げられる、波乱万丈の歴史ロマン小説「テンペスト」
池上永一著。角川文庫。春雷、夏雲、秋雨、冬虹の4部作
テンペスト 第一巻 春雷 (角川文庫)テンペスト 第一巻 春雷 (角川文庫)
(2010/08/25)
池上 永一

商品詳細を見る

テンペスト 第二巻 夏雲 (角川文庫)テンペスト 第二巻 夏雲 (角川文庫)
(2010/09/25)
池上 永一

商品詳細を見る

テンペスト 第三巻 秋雨 (角川文庫)テンペスト 第三巻 秋雨 (角川文庫)
(2010/10/23)
池上 永一

商品詳細を見る

テンペスト 第四巻 冬虹 (角川文庫)テンペスト 第四巻 冬虹 (角川文庫)
(2010/11/25)
池上 永一

商品詳細を見る

□仲間由紀恵主演による舞台化決定。琉球ロマネスク/舞台「テンペスト」
19世紀の琉球王国、激動の時代が舞台に。運命のいたずらに翻弄されながらも真の愛を貫いた琉球の女の壮大な愛の物語。主演には沖縄が生んだ国民的女優仲間由紀恵が、運命のいたずらに人生を翻弄された男女1人2役に初挑戦。(琉球ロマネスク「テンペスト」HPより)
【東京公演】2011年2月6日~28日 赤坂シアター 【大阪公演】2011年3月5日~20日 新歌舞伎座
⇒琉球ロマネスク 舞台「テンペスト」公式HP
□「テンペスト沖縄体感ツァー」をいくつかご紹介。
⇒「テンペスト体感ツァー」 (角川マーケティング、ウォーカープラスHP)
⇒「テンペスト沖縄体感ツァー」 (あそんじゃ おきなわHP)
⇒「テンペスト体感ツァー」 (旅の発見HP)

090916ヨロンのハイビスカス_0805~01

沖縄に行かれる時は、メジャーな観光スポットめぐりだけでなく、映画、舞台、小説に登場した場所をゆっくり巡るのもいいでしょう。その地域の物語や歴史・文化に出合い、感動と共感を再発見します。旅行プランを立てる時は、四季折々のイベントの日程を調べて行かれたら、地域の祭りに出会ったり、きっと楽しい旅になることでしょう。
⇒「沖縄ロケ地ガイド」 (ぷらっと沖縄HP)
「涙そうそう」や「恋しくて」など沖縄でロケした映画のロケ地ガイド。見た映画の撮影場所がわかります。
⇒「九州・沖縄のイベント情報」 (ふくおかサポートねっとHP。九州7県と沖縄のイベント情報が満載)
ふくおかサポートねっと「九州・沖縄のイベント情報」では、九州7県と沖縄のたくさんのイベント情報を毎月更新しています。旅の計画づくりのお供として、あなただけの旅をお楽しみください。

(マコ)





12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

doko3

Author:doko3
福岡の情報サイト「ふくおかサポートねっと」の編集部です。九州・沖縄の注目ニュースを中心に発信します。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。