--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.03.30 16:19|国の動き
政府の平成22年度予算が成立し、やつと、地域活性化・まちづくりに対しての具体的な支援内容が明らかになってきています。政府は重要政策として観光立国の推進を行なう方針ですが、この度、観光関連事業への具体的な支援内容が発表されました。経済不況、観光客減少、そして旅行への意識・行動が多様に変化している中、全国の観光地はどこでもが京都、奈良になれるわけがなく、大変に厳しい環境を迎えています。観光地に限らず全国の地方自治体は、観光立国の施策にあわせての訪日外国人対策や観光客増の方策を考えるのか、ファン、リピーターが来れば良い、地域活性化・まちづくりの面から身の丈にあった観光地を目指すのか等、観光問題というより、地域住民と行政が一緒になって、まちの将来像を再構築する時期に来ているかと思います。観光といえば「風景、歴史・文化、宿泊、温泉、食」が主要な要素ですが、地方と都市部との人的交流の側面からや、一地域だけでなく、歴史・物語や食や風景、交通アクセス等のつながりによる、複数の地域が連携・協力するなかから、これからのまちづくりや観光を考える動きも活発です。九州では、来春の九州新幹線の鹿児島までの開業に伴い、観光関連の商品や企画の開発、関西や関東方面へのプロモーション活動が過熱しています。

観光 海090629_1205~03

■観光庁は「平成22年度の観光関連予算」についての取りまとめを発表しました(観光庁2010年3月29日)
政府は観光立国推進基本計画に掲げられた目標の達成に向けて、政府全体で推進していますが、この度、観光庁では、各省庁にある平成22年度の観光関連事業の予算についての全体の取りまとめを発表しました。昨年までは、各省庁毎に見なければなりませんでしたが、このように省庁を超えて、全体の観光関連の予算一覧をみることができるのは大変わかりやすい。(観光庁、外務省、総務省、法務省、文部科学省、厚生労働省、農林水産省、林野庁、環境省、経済産業省、中小企業庁、文化庁、内閣府等の観光関連事業が一覧で見れます)
⇒平成22年度観光関連予算の報道発表(観光庁HP)
⇒平成22年度観光関連予算の事業概要(観光庁HP) ※これはわかりやすい。出力しておきましょう。
⇒平成22年度観光関連予算の概念図 (観光庁HP)
【参考】
上記、平成22年度観光関連予算の事業概要の説明の中に、「社会資本整備総合交付金(仮称)22,000億円の内数」として説明のある、社会資本整備総合交付金(仮称)とは、『地方公共団体が行う社会資本整備について、これまでの個別補助金を原則廃止し、基幹となる事業(基幹事業)の実施のほか、これと合わせて関連する社会資本整備や基幹事業の効果を一層高めるための事業を一体的に支援するため創設された、地方公共団体にとって自由度の高い総合交付金。交付対象は、都道府県又は市町村。対象事業は、国土交通省が所管する住宅・社会資本整備に関する、①活力創出基盤整備②水の安全・安心基盤整備③市街地整備④地域住宅支援の事業。
⇒社会資本整備総合交付金(仮称)の骨格について(国土交通省HP)

観光ヤギ090916_1549~01

■観光関連の「コミュニテイ・インフォメーションTOPIX」
□観光庁、「観光地域づくり人材育成支援WEB」を開設
観光庁では、各地域における自立的かつ持続可能な観光地域づくり人材育成の取組みを促進することを目的として、観光地域づくり人材育成の取組に関する情報を提供する「観光地域づくり人材育成支援WEB」を開設しました。
⇒観光地域づくり人材育成支援WEBを開設の報道発表(観光庁3月2日)
⇒観光地域づくり人材育成支援WEB(観光庁HP)
□「ビジット・ジャパン・キャンペーン魅力ある日本のおみやげコンテスト2010」の表彰
おみやげを通して日本の魅力を海外に伝え、日本への来訪を促進する「ビジット・ジャパン・キャンペーン魅力ある日本のおみやげコンテスト2010」の表彰式が平成22年3月29日成田空港でおこなわれました。グランプリ(ラグジュアリージャパン部門金賞)は佐賀県の株式会社賞美堂本店の「古伊万里文様絵変わりワインカップ(小)」。トラディショナルジャパン部門賞金賞は、京都のカメヤ食品株式会社の「わさび塩」、クールジャパン部門金賞は京都の京都シルク株式会社の「本物そっくりお寿司のマグネット」。下記HPでは、グランプリや部門賞、各国・地域賞が、楽しい写真入りで見れます。
⇒魅力ある日本のおみやげコンテスト2010(観光庁HP)
□群馬県甘楽町の歴史的風致維持向上計画が認定されました(国土交通省3月30日発表)
※この歴史的風致維持向上計画の予算は、平成22年度国土交通省の「歴史まちづくりの推進」予算として7.5億円計上。観光庁発表の平成22年度観光関連予算の事業概要の中にも載っています。
⇒「歴史的風致維持向上計画の認定について(甘楽町)」(国土交通省HP)
⇒全国で16番目に認定された群馬県甘楽町の計画の概要と主な施策 (国土交通省HP)
⇒群馬県甘楽(かんら)町のHP


(マコ)
スポンサーサイト
02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

doko3

Author:doko3
福岡の情報サイト「ふくおかサポートねっと」の編集部です。九州・沖縄の注目ニュースを中心に発信します。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。