--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.01.09 19:50|都市計画
福岡で1月24日と25日に開催される、めったに聞けないような、都市計画と都市景観のふたつのフォーラムのご紹介です。専門家や行政の方々だけでなく、日頃、地域のまちづくりに関心のある方、現場で活動されている方にとっても、日頃の活動の考え方の整理やバックポーンになると思います。

TS380255001002消火栓

■九州大学工学部国際学術交流フォーラム
1月24日の九州大学工学部の国際学術交流フォーラムは、『維持可能な都市のための地域デザイン。オルムステッドの遺産』。世界の都市計画・地域計画の研究内容に触れることが出来ます。都市計画の専門家だけでなく、まちづくりに関心のある方にも、大変参考になります。このフォーラムは、一昨年の「ルイス・マンフォードの都市・地域計画論」、「小林重敬氏の都市計画の考えとエリアマネジメント」、昨年の、トム・アンガッティ教授による『ニューヨーク市における市民によるまちづくりの最新の動向-9.11以降-』に続くもので、今回は、ラリー・マッキャン氏 (カナダ・ビクトリア大学教授)を招いて、緑地のデザインの発展に貢献した、アメリカのフレデリック・ロー・オルムステッド研究のフォーラムです。日本の地方における維持可能な都市のための地域デザインにおける緑地の役割について、パネラーによる意見交換をします。
・開催日時 2010年1月24日(日)10時~16時30分
・会場 九州大学西新プラザ(福岡市早良区西新2-16)

091220sosui_1433~01

■都市環境デザイン会議九州ブロック主催、九州都市景観フォーラム
1月25日の都市環境デザイン会議(JUDI)九州ブロック主催の、第4回九州都市景観フォーラムは、都市空間の重要な要素である『メインストリートの都市デザイン』がテーマです。地域の中心的な都市にとっての目抜き通り=メインストリートの風景は都市の質的なイメージを決定づけ、その求心力が都市の活力を生み出しています。今回は、全国各地で活躍する識者や実践に取り組む専門家を招聘し、福岡市中心部の渡辺通りや国体道路、明治通りなどの幹線道路を題材に、都市の個性を生み出す街並みの形成、都市にとって貴重な公共財としての「道路空間」の共有とマネジメントなど、「メインストリート」に込められた意味を解読しながら、都市デザインのあり方について議論します。九州の多くの都市で都市デザインに取り組まれている方々にとって、明日の都市デザインを切り拓くヒント、キッカケになればと考えています。
・開催日時 2010年1月25日(月)14:00~17:00
・会場 福岡アジア美術館「あじびホール」

■フォーラムの詳しい内容と申し込みは
・1月24日の「九州大学工学部の国際学術交流フォーラム」
・1月25日の 都市環境デザイン会議・九州ブロック主催の「第4回九州都市景観フォーラム」
いづれも入場無料ですが、事前の申込みが必要です。詳しい内容と申し込み方法は

⇒詳しくはココをクリック
(ふくおかサポートねっと『地域活性化・まちづくりのコミュニティ・インフォメーション』コーナーへ)


(マコ)


スポンサーサイト
2008.12.31 17:57|都市計画
年の始め、地域の力について考えてみました。
以前このブログでご紹介しましたが、ルイス・マンフォード(1895年~1990年)の都市・地域計画論に、これからの日本の国土計画、都市・地域計画再考のヒントがあるような気がします。また日本の都市計画の第一人者である小林重敬氏(武蔵工業大学教授。4月より東京都市大学に大学名変更。新設の都市生活学部教授)の提案とあわせ、再掲ですが概要を抜粋します。

■再び、マンフォードの都市・地域計画論
マンフォードは、彼の著書「The Culture of Cities」(1938年発刊)の中で、近代化・工業化の中の、20世紀の文化と都市への鋭い批判をし、都市の再生と、都市の拡張としての地域ではない地域を単位とした地域計画の再生を提起しました。
都市は、ビジネス・労働の場所としてだけでなく、家族の各層が人間として生活し、文化的な成長発展に必要な社会的交流機能等を重視して整備、計画しなければなければならないし、地域は、都市での仕事のための居住地域だけでなく、地域のすべての土地や自然を健全に開発し、人口が自然資源を破壊するのではなく、それを活用するように配置し、地域全体のどの場所でも文化、社会生活の中心として、しかも洗練された生活の利便性を享受しうるよう、地域を再活性化、修復するよう計画化しなければないない、と言っています。

■小林重敬氏の都市計画の考えとエリアマネジメント
小林重敬氏は、近代の都市計画は、都市への人口集中に伴う市街地の拡大、新社会階層の要求を満たす市街地をつくる「都市化」であったとし、今日の都市構造の転換・課題は、人口減少による市街地縮減に伴う市街地の秩序化とし、21世紀これからは、行政によるコントロール(規制)から、コミュニテイー(協働)とマーケット(市場)が力の葛藤を超えて結集し、持続可能性と創造性ある地域価値を高める新たな都市計画の仕組みを作り出すことが重要だと言っています。また、都市計画は、21世紀特有の新しい生き方を見つけること、そのことによって21世紀を支える新たな社会階層によって支持される仕組みになる、と言っています。また、一方に「グローバル化」をテーマとした競争の時代の都市再生があり、もう一方には、衰退している地区を再生する「協働」をテーマとした地方都市の地域再生があるとし、その地域に関わる住民、地権者、商業者、開発業者等が社会的な組織(協議会等)をつくって地域価値を高める活動をすることであると言っています。お互いの信頼関係を築き、自らの地域や生活を「創ることへの参加」を呼びかけ、そしてコミュニテイーの力で可能な限り自主的に運営されるような仕組みづくり(氏は「エリアマネジメント」と言っている)が必要とし、地区の住民、企業者、自治会、NPO等が主体的に活動する出来るよう支援すべきだとしています。

◆現在の日本の国家財政難、経済・雇用の減速等により、基礎的条件の厳しい集落や農山漁村の活性化だけでなく、中心市街地、工業地域、郊外や地方都市の縮減が、大きな国家的問題となってきています。また、われわれの今後の生活、生き方の問題にもなってきています。上記、マンフォード、小林氏の都市・地域計画論の中に、今後の道が示されている気がします。

TS380188001沖縄 アダンと海

□2009年、都市と地域の活性化、まちづくりは「それでも前へ前へ」
もともと、われわれが住んでいるまちには、自然環境にしろ、産業・技術にしろ、観光資源にしろ、街並みにしろ、昔からの祭り、文化・芸能にしろ、その地域特有の良さ・魅力があり、素晴らしい宝があります。昨今言われている地域の再生とか活性化とかは、地域の人々が自分の住んでいる地域の良さの再認識・再発見から始まり、個々の地域の宝をつなぎ新たな宝にしたりすること、つまり、地域の宝をあらためて大切に守ったり改良したり、また異なることと連携したり、新しいことを創ったりするなかで、地域に住む人が連携し、幸せになることだと思います。そして、なにより地域のまちづくりのどこにも所属していない、未だ活動されていない一般の住民の方の参加により実現できるものだと思います。
一般住民の方が、まちづくりに参加するには、それなりの「学び」が必要です。自分のまちの歴史・文化を知り、ルールを知ったり、他地区の活性化の事例やまちづくりの手法を知ることから始められたらと思います。
今年は、「地域力/どこどこ」で福岡を中心に、一般の人が、地域活性化やまちづくりの意見を発表したり、参加して勉強したり発言したりすることの出来る場や団体をご紹介していきたいと思っています。われわれ一般住民が積極的に参加していきましょう。

(マコ)



2008.11.24 18:23|都市計画
九州大学工学部国際学術交流フォーラム『維持可能な都市のための地域デザイン-ルイス・マンフォード都市・地域計画論再考-』のアフターイベント『都市計画はどう変わるか。小林重敬氏との対話』について前回、概要を紹介しました。基調講演の中で氏が紹介された、市街地や郊外地域での取り組みの事例の中からいくつかご紹介します。

①東京/大手町・丸の内・有楽町の地権者の協議会とNPO大丸有エリアマネジメント協会との連携事例。巨大な市街地ですが、「歩いて楽しい空間である『通り』をつくる」コンセプトと、地域でのエリアマネジメントの進め方がヒントになります。
大丸有エリアマネジメント協会HPより (協議会、企業、行政、就業者を入れて街の交流・活性化、運営) 
大手町・丸の内・有楽町地区再開発計画推進協議会HPより (地権者によるハード、システムづくり)

②地方都市の商店街の再開発事業として有名な成功事例。広場やブティック、マンションが集まる高松市丸亀町商店街A街区は、2006年の開業前は売上が10億円だったのが開業後の07年は33億円に増加。通行量も1日平均1万2千人から1万8千人と、人の流れも戻ってきたそうです。
高松丸亀町まちづくり株式会社での空き店舗の不動産管理一元化と商店街再生の機能分化がヒントになります。
高松丸亀町商店街HPより

③安心安全なまちづくりの事例。まちに住む、大学・病院・NPO・民間団体、地権者等みんなで連携し、住みよいまちづくりを考える協議会をつくり、行政・警察他のサポーター組織と連携して行く。
流山新市街地地区における安心安全まちづくりの取り組み 流山市HPより

氏は、近著「都市計画はどう変わるか-マーケットとコミュニテイーの葛藤を超えて-」(2008年6月)の中で、21世紀の都市計画のあり方と、地域価値を高め「持続可能性」のある都市づくりについて述べています。都市計画システムの転換、都市再生と地域再生、大都市及び地方都市の既成市街地再構築、新たな都市計画関連制度の動向の4章にわけ、具体的制度や事例で大変にわかりやすく解説・提言しています。素晴らしい書だと思います。また、「エリアマネジメント―地区組織による計画と管理運営」(2005年4月)も大変に関心のあるテーマです。ご関心のある方は、下記の本の「表紙写真」か、表紙写真の横にある「商品詳細を見る」をクリックすると購入も出来ます。

都市計画はどう変わるか都市計画はどう変わるか
(2008/06)
小林 重敬

商品詳細を見る

エリアマネジメント―地区組織による計画と管理運営エリアマネジメント―地区組織による計画と管理運営
(2005/04)
小林 重敬

商品詳細を見る


小林重敬氏は。東京大学工学部都市工学科、同大学院工学研究科都市工学専攻修了。工学博士。
現在、武蔵工業大学教授、横浜国立大学大学院特任教授。
小林重敬氏のプロフィール 東京都市大学HPより

武蔵工業大学は、来年4月東京都市大学に名称変更となり、新設の都市生活学部(来年4月開設予定)で教鞭をとられます。この「都市生活学部」の名称が、氏の言われる、21世紀の都市・地域計画は、そこに生活する新たな社会階層の新たな生き方と彼らの要請するまちづくりに変わらなくてはならないという考えが表れていると思います。
私は、素晴らしいご見識の小林重敬氏の書籍を読んで勉強し、東京都市大学の都市生活学部に集中スクーリングや通信教育が出来るようになれば、是非学びたいと思いました。
東京都市大学 武蔵工業大学HPより
東京都市大学/都市生活学部とは 武蔵工業大学HPより

(マコ)
2008.11.24 14:03|都市計画
10月に行われた、九州大学工学部国際学術交流フォーラム『維持可能な都市のための地域デザイン-ルイス・マンフォード都市・地域計画論再考-』(アメリカのルイス・マンフォード(1895-1990)から学ぶ日本の都市・地域計画の課題)のアフターイベントとして、『都市計画はどう変わるか。小林重敬氏との対話』が、11月21日福岡アジア美術館あじびホールで行われました。

081121都市計画③_1322~02

最初に、前回もこのフォーラムをコーディネイトされた秋本福雄氏(九州大学大学院工学研究院教授)より「マンフォードの都市・地域計画論の現在性」として、前回のマンフォードの考えを、都市をどのように再生すべきか、地域をどのように再生すべきか、近隣をどのように再生すべきかに整理、説明がありました。
 マンフォードは、彼の著書「The Culture of Cities」(1938年発刊)の中で、近代化・工業化の中の、20世紀の文化と都市への鋭い批判をし、都市の再生と、都市の拡張としての地域ではない地域を単位とした地域計画の再生を提起しました。都市は、ビジネス・労働の場所としてだけでなく、家族の各層が人間として生活し、文化的な成長発展に必要な社会的交流機能等を重視して整備、計画しなければなければならないし、地域は、都市での仕事のための居住地域だけでなく、地域のすべての土地や自然を健全に開発し、自然環境を活用するとともに、文化、社会生活の中心として、しかも大都市の利便性を享受できるよう計画化しなければないない」と言っています。21世紀の今日、先進諸国は人口減少の局面に入り、近代都市計画は世界的に転換期にあり、その思想は、今日も、英米の都市計画家に影響を及ぼしています。

今回、国土交通省社会資本整備審議会、国土審議会などの委員を歴任し、約三十年以上、日本の都市計画立法に関与されてきた小林重敬氏を招聘しフォーラムが行われました。小林重敬氏は近著「都市計画はどう変わるか」において、21世紀の都市計画のあり方と変化の枠組みの見取り図を描き、
これから姿を見せる新たな社会階層が要請するまちづくりを支える都市計画へと変わっていく必要性を指摘しています。今回のフォーラムは、小林氏との対話を通じ、転換期における日本の都市・地域計画の進むべき方向について語り合う機会としたい、との趣旨で開催されました。

セミナーの内容 九州大学工学部国際学術交流フォーラムHPより

小林氏は、近代の都市計画は、都市への人口集中に伴う市街地の拡大の「都市化」が課題であったとし、今日の都市構造の転換は、人口減少による市街地縮減に伴う市街地の秩序化とし、21世紀あらたな都市づくりの仕組みの構築の必要性をうたっています。
都市づくりにかかわる力は、行政によるコントロールの力(規制)、近隣社会によるコミュニテイーの力(協働)、民間企業によるマーケットの力(市場)の三つに大別され、今までの近代都市計画は行政によるコントロールであったが、これからは、コミュニテイーとマーケットの力の葛藤を超えて、結集し、持続可能性と創造性ある地域価値を高める、新たな都市計画の仕組みを作り出すことが重要と言っています。また、これからの都市計画は、21世紀特有の新しい生き方を見つけること、そのことによって21世紀を支える新たな社会階層によって支持される仕組みになると考える、と言っています。

新しい生き方を都市づくりのキーワードにすると、「グローバル化」をテーマとした競争の時代の都市再生が一方にあり、もう一方には、衰退している地区を再生する「協働」をテーマとした地方都市の地域再生があるとし、このような状況の中で、良質な社会を志向する新たな社会関係を構築するということは、地域に関わる住民、地権者、商業者、開発業者等がつくる社会的な組織(協議会等)により、地域価値を高める活動をすることであると言っています。そしてお互いの信頼関係を築いて、地域を、生活を「創ることへの参加」を呼びかけています。特に、これからは地方自治体は行政によるコントロールは相対的に小さくなり、マーケットがつくる「圏域」と、コミュニティーがつくる「単位地区」になってくると考え、特に「単位地区」をコミュニテイーの力で可能な限り自主的に運営されるような仕組みづくり(氏はエリアマネジメントと呼んでいる)が必要とし、地区の住民、企業者、自治会、NPO等が主体的に活動する出来るよう支援すべきとしています。(前回「新たな公」について書きましたが、それもこの動きのひとつでしょうか)

~070918沖縄 石塀_1145~02

「都市計画はどう変わるか」がタイトルでしたが、フォーラム後の感想は、地域に住む我々が、暮らしを、未来をどうしたいかを考え、そして実現していくにはどう行動すればいいのかを考えることができました。いや、まちづくりは、一部の人だけでなく、一般住民である我々が積極的に行動、参加していき、「都市計画をどう変えるか」なんだと勇気づけられました。
次回は、『「都市計画はどう変わるか」小林重敬氏の②』として、小林重敬氏の活動の紹介、またフォーラムで氏より紹介いただい地域再生の全国の先進事例を詳しく紹介します。身近な事例で、大変面白いです。

(マコ)




2008.10.05 19:54|都市計画
(NPO)日本都市計画家協会から、九州大学で工学部国際学術交流フォーラム 『維持可能な都市のための地域デザイン-ルイス・マンフォード都市・地域計画論再考-』 があるとの紹介を受けました。
(アメリカのルイス・マンフォード(1895-1990)から学ぶ日本の都市・地域計画の課題)

TS380235002九大

紹介文の中の「マンフォードは、都市の拡張としての地域計画ではなく、地域を単位とした地域計画を提起した。彼は、地域計画の単位を「気候、土壌、植生、産業、文化の一体性を有する地理的な地域」と定義した。地域計画の目的は、「森林から都市、高地から水面までの土地や資源を健全に開発し、人口が自然資源を破壊するのではなく、それを活用するように配置し、地域全体のどの場所でも洗練された生活の物的基礎を享受しうるよう、地域を再活性化、修復することとしている」のコピーにハッとし、日頃、日本の地域の活性化・まちづくりの方策ばかり見ていた私ですが、都市計画・地域計画の学術的見解、コンセプト、哲学を知りたくて出かけました。
今回、米国よりルイス・マンフォードの研究者、ロバート・ヴォトーヴィッチ氏(米国オールド・ドミニオン大学教授)を招聘し、九州を中心とする日本の研究者と共に、ルイス・マンフォードの都市・地域計画論の現在性、日本における地域計画の可能性を討論する、フォーラムでした。福岡市早良区西新の九州大学西新プラザで行われました。

■学術フォーラムの概要 九州大学国際学術交流フォーラムHPより

丁寧な同時通訳でしたが、専門用語あり、学術用語ありで、私には話についていくのに、いっぱいいっぱいでした。
私なりの理解としては、 マンフォードは、彼の著書「The Culture of Cities」(1938年発刊)の中で、近代化・工業化の中の、20世紀の文化と都市への鋭い批判をし、都市の再生と、都市の拡張としての地域ではない地域を単位とした地域計画の再生を提起しました。都市は、ビジネス・労働の場所としてだけでなく、家族の各層が人間として生活し、文化的な成長発展に必要な社会的交流機能等を重視して整備、計画しなければなければならないし、地域は、都市での仕事のための居住地域だけでなく、地域のすべての土地や自然を健全に開発し、自然環境を活用するとともに、文化、社会生活の中心として、しかも大都市の利便性を享受できるよう計画化しなければないない、と言っていると理解しました。
071207_1626~02001こざ

これからの日本に置き換えても、考えさせらるテーマです。グローバリゼーション、都市化による環境悪化、IT技術・情報革命による心の問題、市町村合併による歴史・文化の継承問題などの課題があります。
日本も、環境破壊・地球温暖化への対抗策と同時に、地域の交通手段、農林等の保全、伝統ある建物・街の保全等を考えた都市計画、地域計画を考えなくてはならないと感想を持ちました。
人間が生物として自然環境の中に生き、家族や近隣社会を中心に歴史・文化の継承を行い、豊かな文化的な生活をおくれるのが地域であり、そこに住む人に立脚したまちづくり、活性化をしなければならない、と言ってるように思えました。また、私たちに何ができるのか、何から始められるのかを考えさせられました。

■ただ、ここで言う「文化」とは何だろうか、を質問したかったのですが、帰ってから検索してみましたが・・・ 
「文化(ぶんか、culture)とは、人間が長年にわたって形成してきた慣習や振舞いの体系を指す。文化の範囲は、衣、食、住などの日常生活に関わる慣習や習俗、さらにそれを支える芸能、道徳、宗教、政治、経済といった社会構造まで文化の幅は非常に広く捉えられてきた。イギリスの人類学者エドワード・タイラーは、上述のようなものに加え、人間が社会の成員として獲得したあらゆる能力と慣習が文化に含まれることを指摘している。また、タイラーは単独の要素よりも様々な文化要素の複合に着目し、それらが全体として文化を構成すると主張している」 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

(マコ)
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

doko3

Author:doko3
福岡の情報サイト「ふくおかサポートねっと」の編集部です。九州・沖縄の注目ニュースを中心に発信します。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。