--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016.04.09 15:56|未分類

「乗用車市場動向調査2016」(日本自動車工業会)の調査結果が、4月8日に発表されました。

調査結果の概要の一部を、以下のとおり抜粋しました。

・乗用車世帯保有率は80.6%。乗用車複数保有率は36.5%。
・乗用車世帯保有率は地方圏で高く、独身期と高齢期で低い傾向は変わらず。

・維持費の「負担感大きい」は52%。
 「車検代」「自動車税」「自動車重量税」「任意保険料」は7割以上が負担を感じている。

車購入意向層は4割強。非意向層が5割を超える。(若年層分析(四輪非保有者))
・購入意向が高いのは「女性既婚」「同居家族のいる男性」「世帯保有あり層」と関心層とはやや異なる層。
・買いたくない理由は「買わなくても生活できる」「今まで以上にお金がかかる」「車以外に使いたい」。
特に車の必要性が低いことが理由。

イメージ上位は、「ガソリンや駐車場代など維持にお金がかかる」「購入するのに多くのお金がかかる」
 「重いものでも楽に運べる」「行動範囲が広げられる」。(若年層分析(四輪非保有者))


ココに注目!

乗用車保有率は、公共の交通機関が発達していない地方圏のほうが高いことは、容易に想像でき、納得する結果。

居住地の環境や各自のライフスタイルによって必要性は異なるのでしょうが、
車体価格と維持費(車庫代、ガソリン代、車検代、自動車税、自動車重量税、任意保険料)を計算し、
必要時にタクシーやレンタカー(今はカーシェアもある)を利用するのとどちらが得か、比較して購入を検討するのが常なのでしょう。

貯蓄があれば問題ないとしても、今のご時勢、ひと昔前のように自動車ローンを組んで車を購入するというのには、私は反対です。
雇用と収入が安定していない昨今、借金は作らないほうがいい。
そういう観点で見れば、若者の車の購入意向が低いという結果には、「そりゃあそうだ」と感じます。

まあ、結婚して赤ん坊が生まれれば、持ち歩く荷物は増えるし、赤ちゃんが泣いたり、世話をしないといけないことを考えれば、「自家用車で動くほうが楽」と感じ始める可能性は高いでしょうね。

根本的な問題は、少子化、人口減少なのでしょう。
安心して子どもを産み、育てられる日本になってほしい。ただそれだけです。
自動車業界全体が、その支援をする、あるいは国に支援を働きかける存在になってくれるといいですね。


関連リンク

◆若者59%が車購入意向なし 自工会調査、堅実志向が浮き彫り
 (産経新聞 2016.4.9)
 http://www.sankeibiz.jp/business/news/160409/bsa1604090701005-n1.htm

◆2015年度乗用車市場動向調査の概要
 (日本自動車工業会 2016.4.8)
 http://release.jama.or.jp/sys/news/detail.pl?item_id=1798

スポンサーサイト
2014.10.12 14:33|未分類
沖縄・宮古島で10月3日・4日に行われた「パーントゥ」は、
宮古島の平良島尻地区に伝わる、悪霊払いの伝統行事で、国の重要無形民俗文化財に指定されています。

3人の青年は、仮面を付け、つる草を身にまとい、全身泥だらけの出で立ち。
人だけでなく新築家屋や車などにも泥をつけてもらい、集落の人々は、厄を払い福をもたらしてくれると感謝の念をもち、笑顔があふれる伝統行事のはず。

それが、近年、観光客から「服を汚された」「抱きつかれた」といった苦情が寄せられ、
数年前には、怒った男性がパーントゥに暴行する騒ぎも起こりました。
それを受けて、開催中止も検討されましたが、
今年は、宮古島観光協会も大々的な告知はやめ、問い合わせがあった場合だけ「汚れてもいい服で」と念を押して日程を伝えるようにしたとのこと。
また当日は、トラブルを防ぐため、パーントゥに複数の付添人を配置して実施。
それでも、泥を塗られて不満を口にした観光客がいたとのこと。



ココに注目!
全国各地のお祭りには、現代に引き継がれている伝統的な神事や儀式として執り行われているものが数多くあります。
今回のようなトラブルのほか、撮影禁止の祭事であるのに写真撮影しようとする観光客がいてトラブルが発生するケースもあるようです。

観光として訪れる方には、祭事の意味を理解していただきたいと思いますし、
地元の方々が執り行っている祭事を、“見せてもらっている”という謙虚な姿勢をもっていただきたいと思います。
秋は特に、九州・沖縄各地で“お祭り”が数多く開催される時期です。
現地の係員の指示に従って、お互いが気持ちよく過ごせるよう、失礼のないように見学していただきたいと思います。

関連リンク

◆「パントゥ」とは
Wikipedia

◆沖縄タイムス(2014.10.5)
神様の泥塗り苦悩 宮古島・パーントゥ
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=85328

◆沖縄タイムス(2014.10.7)
社説[「パーントゥ」受難]異文化前に謙虚であれ
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=85518

(よしお)
2014.07.07 17:59|未分類
福岡県は、国内最大級のインターネット料理レシピ検索・投稿サイト「クックパッド」に、公式ページ「福岡県の公式キッチン」を開設した。

今日現在、▽福岡ぶどう「巨峰」のヨーグルトゼリー ▽八女茶入り混ぜ寿司 ▽はかた地どりの鶏飯 ▽はかた地どりを使った郷土料理「白おこわ」など16のレシピを紹介。

140707クックパッド

ココに注目!
「このレシピの生い立ち」として、「江戸時代に宿場町として栄えた地区で、峠を越える旅人のために生まれた」という由来が添えてあるのも面白い。
歴史好きな人にとっては、興味をそそられるきっかけになるでしょうね。
自治体による開設は埼玉県に次いで2例目とのことなので、九州・沖縄の他県でも積極的に参加してほしいなと思います。
各県の農畜産物の消費拡大にも貢献するのではないでしょうか。

関連リンク
◆西日本新聞(2014.7.7)
 http://www.nishinippon.co.jp/nnp/f_sougou/article/99688

◆クックパッド 福岡県のキッチン
 http://cookpad.com/kitchen/9747582

(よしお)
2014.05.04 11:39|未分類
米マイクロソフト(MS)は1日(日本時間2日未明)、インターネット・エクスプローラー(IE)の欠陥修正プログラムを配布した。

修正プログラムは、「ウィンドウズ・アップデート」を通じて配布。
更新が自動的に行われる設定にしてあれば、特にユーザー側で対応する必要はない。

自動更新機能が無効になっている場合は、修正プログラムをMSのサイトから手動でダウンロードする必要がある。

ココに注目!
修正プログラムがダウンロードされているかどうか、
早急に「ウィンドウズ・アップデート」の確認を!

関連リンク

◆時事ドットコム(2014.5.2)
 http://www.jiji.com/jc/c?g=int_date3&k=2014050200086

◆日本経済新聞(2014.5.2)
 http://www.nikkei.com/article/DGXNASGN0201U_S4A500C1000000/

◆Microsoftセーフティとセキュリティ センター 「Windows Update 利用の手順」
 http://www.microsoft.com/ja-jp/security/pc-security/j_musteps.aspx

(よしお)
2011.05.24 21:06|未分類
■「史跡等の指定等について」---名勝・天然記念物の指定、登録記念物の登録、重要文化的景観の選定
(文化庁、平成23年5月20日)
文化審議会は,5月20日に開催された同審議会文化財分科会の審議・議決を経て,史跡名勝天然記念物の新指定16件,追加指定等15件,登録記念物の新登録2件,追加登録等1件,重要文化的景観の新選定5件,追加選定2件について,文部科学大臣に答申しました。この結果,官報告示の後に,史跡名勝天然記念物は3.042件,登録記念物は57件,重要文化的景観は29件となる予定です。今回発表された「史跡等の指定等について」を、2回に分けて紹介します。前回「史跡の指定」について紹介しました。本日は「名勝・天然記念物の指定」「登録記念物の登録」「重要文化的景観の選定」について紹介します。
【名勝の新指定】4件
□旧伊藤傳右ヱ門氏(きゅういとうでんえもんし)庭園(福岡県飯塚市)
明治後期~昭和初期に,筑豊炭鉱経営者が造った本邸の優秀な回遊式庭園。北部九州の筑豊地区における代表的な炭鉱経営者の一人である伊藤傳右ヱ門(1860~1947)は,大正時代中頃から昭和時代初期にかけて,遠賀川中流左岸の微高地に大規模な池泉庭園を伴う本邸を造営した。傳右ヱ門は,明治44年(1911)に,後に白蓮の名の下に歌人として知られるようになった柳原子と再婚し,本邸の建築と庭園を完成させた。庭園は,導入部の馬廻しを中心とする広場をはじめ,建築群に挟まれた中庭,敷地北半を占める大規模な主庭の3つの部分から構成される。そのうち,特に主庭は流れ及び2つの池泉の背後に緩やかに盛り上がる築山などから成り,主屋からの展望を意図した庭園であるとともに,回遊式庭園でもある。石造の太鼓橋,2基の石造噴水,敷地の西北隅・東北隅の石塔,随所に据えられた様々の石燈籠,築山の頂部に建つ茅葺き八角形の四阿(あずまや)など,近代の回遊式庭園として十分な質と量を誇る庭園景物が見られる。筑豊炭鉱経営者の本邸庭園として貴重であり,変化に富んだ展望と特質のある景物には優秀な造園意匠が認められ,その芸術上の価値は高い(文化庁HP)
□伝法院(でんぽういん)庭園(東京都台東区)
江戸時代初期に起源する浅草寺本坊の池泉庭園で,意匠・構造は優秀。
□殿ケ谷戸(とのやと)庭園(東京都国分寺市)
昭和初期に岩崎彦彌太が段丘崖の湧水・樹叢を生かして改修した別荘庭園。
□富士五湖(山梨県富士河口湖町、山中湖村、身延町)
富士山の火山活動により形成された風致景観の優秀な5つの湖沼。湖面の「逆さ富士」は有名。
《名勝の追加指定及び名称変更》 2件
□円月島(えんげつとう)(高嶋)及び千畳敷【和歌山県西牟婁郡白浜町】(旧名称 円月島(高嶋))
□立花氏庭園【福岡県柳川市】 (旧名称 松濤園(しょうとうえん))

この森 譽ョ縲

【天然記念物の新指定】 8件
□十八鳴浜(くぐなりはま)および九九鳴き浜(くくなきはま)(宮城県気仙沼市)
十八鳴浜は,宮城県気仙沼市大初平にあり,気仙沼湾に浮かぶ大島(面積9.05㎢)の北東部に位置する鳴砂の浜である。九九鳴き浜は,宮城県気仙沼市唐桑町西舞根にあり,唐桑半島の西部に位置し,大島瀬戸に面した鳴砂の浜である。どちらの浜も周辺に分布する地質は,中生代ジュラ紀後期の舞根層と小々汐層で,鳴砂の主成分である石英粒子の供給源と考えられる。十八鳴浜の名前の由来については諸説がある。この浜を歩くと「キュッキュッ」「クックッ」という衣ずれに似たような音を発するところから,「9+9=18」と表現し,「くぐなり」と表音転訛したものと考えられている。また,十八鳴浜の鳴砂は,我が国で初めて学術誌に報告されたもの(『地学雑誌』明治27年)である。九九鳴き浜の名前の由来は,十八鳴浜と同様に,砂浜を歩くと発する「キュッキュッ」や「クックッ」という発音に起因するものと考えられる。どちらの浜も,地域住民,気仙沼市などが連携した清掃活動などの取り組みが盛んで,保存状況は良好である。(文化庁HPより)
➡➡二つの浜とも,3月11日の東日本大震災の際に津波の侵入を受け壊滅したかに思われたが、地震直後の気仙沼市教育委員会の現地確認及び専門家の調査により,撤去可能な瓦礫が散乱しているものの浜の砂の量は変わらず,被災後も砂浜の砂が「鳴く」ことが確認されての天然記念物指定。
□平糠(ひらぬか)のイヌブナ自然林(岩手県一戸町)□善養寺影向(ぜんようじようごう)のマツ(東京都江戸川区)□柿田川(かきたがわ)(静岡県清水町)□中村川ネコギギ生息地(三重県松阪市)□小野川の阿蘇4火砕流堆積物および埋没樹木群(大分県日田市)□竹田の阿蘇火砕流堆積物(大分県竹田市)□薩摩黒島の森林植物群落(鹿児島県三島村)
【登録記念物(名勝地関係)の新登録】2件
□東遊園地(兵庫県神戸市)□棲霞園(せいかえん)(長崎県平戸市)
《登録記念物(名勝地関係)の追加登録及び名称変更》
1件
□旧伊東氏庭園(四明荘(しめいそう)庭園) 【長崎県島原市】 (旧名称 伊東氏庭園)
【重要文化的景観の新選定】5件
□利根川・渡良瀬川合流域の水場景観(群馬県板倉町)□佐渡西三川(さどにしみかわ)の砂金山由来(さきんざんゆらい)の農山村景観(新潟県佐渡市)□奥飛鳥の文化的景観【奈良県高市郡明日香村】□佐世保市黒島の文化的景観(長崎県佐世保市)□五島市久賀島(ごとうしひさかじま)の文化的景観(長崎県五島市)
《 重要文化的景観の追加選定 》 2件
□四万十川流域の文化的景観。中流域の農山村と流通・往来 【高知県高岡郡四万十町】
□小値賀(おぢか)諸島の文化的景観 【長崎県北松浦郡小値賀町】

⇒「史跡等の指定等について」 (文化庁HP。平成23年5月20日)
史跡名勝天然記念物の指定、登録記念物の登録、重要文化的景観の選定

新カモメ 譛画・繝輔ぉ繝ェ繝シ縺九b繧√・譎ョ雉「蟯ウ竭。SN3R0084_convert_20110524210231

■「東日本大震災による被害情報について・被害を受けた主な文化財」
(文部科学省、平成23年5月24日)(カッコ内は主な被害状況)
【国宝】□宮城県/瑞巌寺庫裏及び廊下(漆喰壁に一部崩落・亀裂)。瑞巌寺本堂(元方丈)(彫刻に軽微破損、一部の柱にずれ)。大崎八幡宮(板壁・漆塗装・彫刻に破損)□福島県/阿弥陀堂(扉まわりに軽微な破損)□山梨県/清白寺仏殿(内部の欄間の破損等)
【特別名勝】□宮城県/松島(各所で地震及び津波による甚大な被害)□東京都/六義園(ツツジ茶屋柱ずれ等)
【特別史跡・重要文化財】□茨城県/旧弘道館(学生警鐘の全壊、弘道館の壁漆喰の落下等)
【特別名勝・特別史跡】□東京都/旧浜離宮庭園(芳梅亭屋根へこみ、給水管破裂、灯篭倒壊)。小石川後楽園(涵徳亭入り口階段ひび割れ等)
【特別史跡】□宮城県/多賀城跡附寺跡(整備した正殿基壇の舗装の亀裂の増大等)□東京都/江戸城跡(石垣等崩落)
■【被災文化財等への支援】
⇒「東北地方太平洋沖地震被災文化財の救援と修復に協力を」
(文化庁長官メッセージ、平成23年4月1日)
⇒「東北地方太平洋沖地震被災文化財等支援事業(文化財レスキュー事業)」
(文化庁、平成23年3月31日)
⇒「東日本大震災被災文化財建造物復旧支援事業(文化財ドクター派遣事業)」
(文化庁、平成23年4月27日)
⇒財団法人日本ナショナルトラストの「東日本大震災 自然・文化遺産復興支援プロジェクト」の紹介
(観光庁、平成23年5月24日)
⇒「東日本大震災 自然・文化遺産復興支援プロジェクト」の概要(財団法人日本ナショナルトラスト)


(マコ)



09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

doko3

Author:doko3
福岡の情報サイト「ふくおかサポートねっと」の編集部です。九州・沖縄の注目ニュースを中心に発信します。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。