--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016.07.26 09:04|地域news
鹿児島・奄美大島に浮上していた中国人クルーズ客向けリゾートパーク構想が、地元住民の強い反対で白紙に戻った。

奄美大島北部の鹿児島県龍郷(たつごう)町。
今年3月、中国・上海から九州に向かう大型クルーズ船の寄港地として、町内の龍郷湾にリゾートパークを開発する計画が公表された。
米大手クルーズ旅行会社「ロイヤル・カリビアン・クルーズ」の計画によると、15万~22万トン級の巨大クルーズ船が接岸できるよう、長さ350メートルの浮桟橋を湾内に設置。
町有地などを活用し、クルーズ客が利用するレストランやプール、遊歩道、日本庭園などを周辺に整備する。開発面積計52万平方メートルという巨大プロジェクト。

クルーズ旅行の本場・カリブ海などには、こうしたクルーズ客のみが使うプライベートリゾートパークが多数あるとのこと。

毎年3~11月の間、週2~4回寄港し、年間30万人が来島する計画に、龍郷町は島の振興や経済効果を期待し、計画推進に傾いた。
しかし、住民は治安や環境の悪化に対する懸念などから反発。
想定以上に多く反対の声があがったことで、町長も推進を断念。

ロイヤル・カリビアン・クルーズ社は、奄美大島南部にある瀬戸内町にも打診し、ロイヤル社は対馬市も検討しているとのこと。


ココに注目!

町民の方のコメント
「何千人も中国人が押しかけると、のんびりとした奄美の雰囲気が一変してしまう。中国人向けの店が増え、近い将来、中国の街になるのは、火を見るより明らかだ」
「計画を聞いてチャイナタウン化が思い浮かんだ。地元の雇用につながるというが、町民のほとんどは中国語を話せないので、結局、パーク内では中国人の雇用が増えるだけだろう。自然が壊れ、景観も変わってしまう」
「中国人の観光地というイメージが植えつけられると、日本の移住者や旅行者は訪れなくなる」

中国人観光客受け入れの計画が進むと、経営が厳しい宿泊施設を中国資本が購入し、中国資本が出資している土産物店、飲食店が利用され、各施設では中国人が雇用されるというのが実態だと思います。
九州各地の自治体では、今後、同様の決断を迫られるケースが出てくるかもしれません。
自身が住む町の将来構想は、首長だけの役目ではありません。
10年後、20年後、30年後に、自身がどのような町で住んでいたいかを、各人が日頃から常にイメージしている地域、その地域の住民が選んだ首長が手腕を振るっている自治体は、“幸福度”が高いのではないでしょうか。
「NO!」を言うことは勇気がいること。「NO!」を言った住民の方と、それに耳を傾け受け入れた町長は、双方とも素晴らしいですね。

奄美大島・・・
福岡からは直行便で1時間25分という近さです。
思いのほか大きな島で、海や山の自然が満喫でき子どもも大喜び、大人も南国気分を味わえ、のんびりできます。
暗殺されたジョン・F・ケネディ大統領の葬儀で使用された祭壇を見ることができるというのも貴重な体験。
あ~、また行きたくなりました。。


関連リンク

◆奄美の「中国人向けリゾート計画」白紙
(産経ニュース 2016.7.24 07:08)
http://www.sankei.com/region/news/160724/rgn1607240026-n1.html

スポンサーサイト
2016.07.26 08:03|地域news
桜島で、7月26日未明に爆発的噴火が発生し、火口縁上5000mまで噴煙が上がりました。
気象庁は、鹿児島市(桜島)で多量の降灰のほか、風下側に当たる鹿児島市街地方向でも降灰が予想されるとして、注意を呼びかけています。

■降灰が予想される地域(気象庁、26日06:00まで)
多量    鹿児島県:鹿児島市(桜島)
やや多量 鹿児島県:鹿児島市(鹿児島市街地)
少量    鹿児島県:枕崎市、日置市、いちき串木野市、南さつま市、南九州市

■降灰予報:予想降灰量とその対応
・降灰量「多量」  :火山灰が巻き上げられ、視界不良となり、地面は完全に覆われる状態。この範囲内では不要な外出や車の運転は控えてください。 
・降灰量「やや多量」:火山灰が降っているのが明らかに分かり、路面表示が見えにくくなる状態。この範囲内では、傘やマスク等で防灰対策をして、車は徐行運転を心がけてください。
・降灰量「少量」  :火山灰が降っているのがようやく分かり、地面にうっすら積もる状態。


ココに注目!

鹿児島市街地でも降灰のおそれがあるそうです。
地元の方は、火山灰には慣れていらっしゃると思いますが、
観光客の方は、鹿児島地方気象台発表の火山灰の「降灰予想」をチェックする、各市の観光協会等へ確認するなど、出発前に注意点を確認しておくと安心ですね。

<注意点>
・汚れが目立つ白っぽい服装は控える
・マスクをして吸い込まないようにする
・傘、帽子を用意
・コンタクトではなくメガネも用意  など

関連リンク

◆〔桜島〕約3年ぶりに火口縁上5000mに達する爆発的噴火 鹿児島市街地でも降灰のおそれ(26日1時半現在)
(レスキューナウニュース 7月26日(火)1時0分配信)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160726-00000001-rescuenow-soci

◆桜島の火山活動と観光について(鹿児島市観光サイト)
https://www.kagoshima-yokanavi.jp/shizen/sakurajima/funka.html

◆火山灰の降灰予想(鹿児島地方気象台)
http://www.jma-net.go.jp/kagoshima/

2016.04.17 12:28|地域news
福岡市が、昨日、「WITH THE KYUSYUプロジェクト 市民・企業からの熊本への救援物資の受け入れを始めます!」と公式発表しました。

-----------------------

「WITH THE KYUSHU プロジェクト」として、福岡市から市民の皆さんに具体的な支援物資提供についてのご協力のお願いです。

◆受け入れるもの

ペットボトルの水 (未開封で賞味期限内)

トイレットペーパー (未使用、未開封のみ)

タオル (未使用、未開封のみ)

毛布 (未使用、未開封のみ)

おむつ (子供用、大人用)

生理用品

提供をお受けするのは以上の6種類のみです。現時点ではその他のものを提供されても引き取れません。


◆受け入れ場所
大名小学校に持ち込みをお願いいたします。
(大名小学校駐車場の使用は可能です。)
なお、まとまった数の物資をご提供いただける場合は、別途、福岡市市民局コミュニティ推進課にご相談ください。


◆受け入れ時間
平成28年 4月17日 13時~20時
平成28年 4月18日以降 10時~20時


◆問い合わせ先
■大名小学校現地担当者 TEL 090-5948-0238、090-5948-0239
■福岡市市民局コミュニティ推進課 TEL 092-733-5161

大名小学校の教室を、ペットボトルの水の教室とか、子供用のオムツの教室という風に名前をつけることで、持ち込みの時点から仕分けを行って効率的に整理します。

当面は市民の皆さんからの支援物資はここで受けて、ここから被災地に物資を送ります。

まさに初めてのチャレンジで完璧な対応が出来るか私たちも手探りですが、何とか迅速に福岡市民の皆さんの思いと被災地・熊本のニーズを繋ぎたいとの思いの上でのチャレンジですので、ぜひスムーズに成功するようにご協力をお願い致します。

大西熊本市長とは携帯で直接連絡を取り合いながらニーズを把握しています。熊本県の災害対策本部に消防職員を派遣して指揮をサポートしながら情報収集もしています。
また明日は新たに支援物資に関する情報収集を目的に職員を派遣して迅速に対応します。

またこの時にサンポー食品様から「九州のために」と、いち早くご提供頂いた1000食のカップラーメンもお届けいたします。
このように個人ではなくて、企業様が大量にご提供頂ける場合は福岡市役所市民局(092-733-5161)までご相談ください。

さらに農林水産省と連携して、先日移転したばかりの福岡市の青果市場跡を提供することで、ここを拠点に熊本に国からの支援物資を送ります。
夕方以降には4万食のおにぎりも入るとのことですので迅速に被災地に届くようサポートします。

福岡市側で現地の受け入れ体制を把握しながら必要物資をまとめ、被災地まで搬送します。


ココに注目!

ニュースを見ていると、現場の悲痛な声に歯がゆい気持ちが募るばかりですが、ニュースの一断片では、私たちには現場のニーズは到底把握できません。
ましてやまだまだ混乱の真っ只中である以上、個人で動くと迷惑を掛けることにもなりかねません。
福岡市がこのような形で窓口を開設してくれたからには、皆の善意はここに集約するのがベストと思います。
天神や博多駅周辺に出勤されている方も多いと思います。ご協力をお願いします!
そして、大企業、中小企業の方は、まとまった数の物資の支援をお願いします!

◆大名小学校へのアクセス
西鉄 西鉄福岡(天神)駅から徒歩5分
西鉄バス 西鉄グランドホテル前バス停から徒歩1分
福岡市地下鉄 天神駅2番出口から徒歩3分
福岡市地下鉄 赤坂駅5番出口から徒歩5分




関連リンク

◆「WITH THE KYUSHU プロジェクト」として、福岡市から市民の皆さんに
具体的な支援物資提供についてのご協力のお願いです。
(福岡市長高島宗一郎 LINEブログ 2016.4.17)
http://lineblog.me/takashima/archives/58480494.html

◆WITH THE KYUSYUプロジェクト
 市民・企業からの熊本への救援物資の受け入れを始めます!
(福岡市Webサイト 2016.4.16)
http://www.city.fukuoka.lg.jp/data/open/cnt/3/53301/1/kyuenbusshi.pdf<

/span>
2016.04.17 08:39|地域news
熊本県が、本日、「平成28年熊本地震災害に伴う救援物資の受入れについて」公式発表しました。

-----------------------
熊本地震の災害に伴い、現在支援物資のご提供について多数の問合わせをいただいており、感謝申し上げます。

現在、同じ種類で大量の物資を必要としていることや、保管スペースの問題から、

1)ある程度まとまった量であること(例:非常食500食等)

2)熊本県内の指定する施設までトラック等で輸送いただくこと

の2点の条件を満たすご提供を優先的に、受け入れております。

なお、冷蔵品等、保管に配慮が必要なものの受入れは困難な状況です。

今後、受入れ状況が変更になり次第、追加の情報をホームページに掲載します。

なお、大口の支援物資のご提供をいただける方は、事前に下記までご連絡をお願いします。

熊本県健康福祉政策課 福祉のまちづくり室

電話:096-333-2201
   096-333-2202  ※いずれも直通電話です。

受付可能時間:午前8時30分~午後10時00分


ココに注目!

4月16日(土)正午前には、海上自衛隊の輸送艦「おおすみ」が広島県呉基地で66,000食の非常食と救援物資を搭載し熊本県八代港へ出航しました。
早くも今日には到着するでしょうから、あとは陸路で一刻も早くひとりひとりの手に渡ることを祈っています。

必要とされている量が、個人でなんとかできる量ではありません。
道路の寸断によって、陸路での搬入は緊急車両でさえ非常に困難な状況のようです。

届けられたものを各所の避難所へ配布しなければならない現地本部にとっても、“大口”であることが重要。
大企業、中小企業の方、熊本県や九州内の周辺の県などと連携をとって、支援をお願いします!


関連リンク

◆平成28年熊本地震災害に伴う救援物資の受入れについて
(熊本県Webサイト 2016.4.17)
http://www.pref.kumamoto.jp/kiji_15422.html?type=top

2016.04.09 15:56|未分類

「乗用車市場動向調査2016」(日本自動車工業会)の調査結果が、4月8日に発表されました。

調査結果の概要の一部を、以下のとおり抜粋しました。

・乗用車世帯保有率は80.6%。乗用車複数保有率は36.5%。
・乗用車世帯保有率は地方圏で高く、独身期と高齢期で低い傾向は変わらず。

・維持費の「負担感大きい」は52%。
 「車検代」「自動車税」「自動車重量税」「任意保険料」は7割以上が負担を感じている。

車購入意向層は4割強。非意向層が5割を超える。(若年層分析(四輪非保有者))
・購入意向が高いのは「女性既婚」「同居家族のいる男性」「世帯保有あり層」と関心層とはやや異なる層。
・買いたくない理由は「買わなくても生活できる」「今まで以上にお金がかかる」「車以外に使いたい」。
特に車の必要性が低いことが理由。

イメージ上位は、「ガソリンや駐車場代など維持にお金がかかる」「購入するのに多くのお金がかかる」
 「重いものでも楽に運べる」「行動範囲が広げられる」。(若年層分析(四輪非保有者))


ココに注目!

乗用車保有率は、公共の交通機関が発達していない地方圏のほうが高いことは、容易に想像でき、納得する結果。

居住地の環境や各自のライフスタイルによって必要性は異なるのでしょうが、
車体価格と維持費(車庫代、ガソリン代、車検代、自動車税、自動車重量税、任意保険料)を計算し、
必要時にタクシーやレンタカー(今はカーシェアもある)を利用するのとどちらが得か、比較して購入を検討するのが常なのでしょう。

貯蓄があれば問題ないとしても、今のご時勢、ひと昔前のように自動車ローンを組んで車を購入するというのには、私は反対です。
雇用と収入が安定していない昨今、借金は作らないほうがいい。
そういう観点で見れば、若者の車の購入意向が低いという結果には、「そりゃあそうだ」と感じます。

まあ、結婚して赤ん坊が生まれれば、持ち歩く荷物は増えるし、赤ちゃんが泣いたり、世話をしないといけないことを考えれば、「自家用車で動くほうが楽」と感じ始める可能性は高いでしょうね。

根本的な問題は、少子化、人口減少なのでしょう。
安心して子どもを産み、育てられる日本になってほしい。ただそれだけです。
自動車業界全体が、その支援をする、あるいは国に支援を働きかける存在になってくれるといいですね。


関連リンク

◆若者59%が車購入意向なし 自工会調査、堅実志向が浮き彫り
 (産経新聞 2016.4.9)
 http://www.sankeibiz.jp/business/news/160409/bsa1604090701005-n1.htm

◆2015年度乗用車市場動向調査の概要
 (日本自動車工業会 2016.4.8)
 http://release.jama.or.jp/sys/news/detail.pl?item_id=1798

08 | 2016/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

Author:doko3
福岡の情報サイト「ふくおかサポートねっと」の編集部です。九州・沖縄の注目ニュースを中心に発信します。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。